琵琶湖バス釣り、おかっぱりポイントを解説しています。

当サイトを、訪問していただきありがとうございます。

このサイトでは、琵琶湖でおかっぱりをコツコツと励んでいる、そんな健気なアングラーを応援しているサイトです。

また、初めて琵琶湖でおかっぱりをしてバスを釣りたい方、琵琶湖のポイントについて勉強したいかたには、役に立つサイトになっています。

基本的に当サイトは画像は少ないです。

それは、文章をしっかり読んでほしいから。

そんな思いがあります。

世の中にはいろいろな情報があります。

一番大切なのは、自分で感じたことを行動して実践する。

これは、バス釣りにも言えることです。

あそこ釣れてるらしーぜ!!

マジで!んじゃ行ってみようぜ!!

そんな感じで琵琶湖でおかっぱりしてもいいです。

ただ、アングラーとしての成長を考えたときに、大切なのは、

自分で考えて、行動して、釣りしてみて、経験値を積むことです。

最初は思うように釣れないかもしれません。

ただ、自分で考えた釣りは、必ずアングラーとしての成長があります。

これができるようになれば、流行りのルアーに手をだしたり、

釣れないからといって、どんどん新作のタックルを買う必要はなくなってきます。

年々、タックルを使いこむ感覚を持ってほしい。

当サイトの管理人は、そう願っています。

トライ&エラーの繰り返しによって、デカバスに近づくことはできます。

このサイトが、そんな流行りに流されないアングラーの役に立てればと思います。

琵琶湖バス釣り、おかっぱりポイント

琵琶湖バス釣り、おかっぱりポイント

琵琶湖は南湖と北湖に分けて釣ることによって、釣りやすくなるかと。

簡単にいうと、

コンスタントにバスを釣って楽しみたい!!

そんな方は南湖でバス釣りをすることがおすすめです。

1日釣りをすれば、なにかとバスからの反応があるはずです。

そのなかで、地形、湖流を意識して釣りをすることで釣果が上がるフィールドになっています。

当サイトの管理人も、最初は南湖でバス釣りをして、琵琶湖デビューしました。

・南湖バス釣り、おかっぱりポイント辞典【永久保存版】

南湖なんかぬるいぜ!

やっぱり琵琶湖といったら北湖だろ!!

そんな、ナイスなアングラーはぜひとも北湖を挑戦してほしいですね。

1日やっても、バスを釣ることができないこともある北湖。

どれだけ自分を追い込んで釣りをすることができるか?

個人的には、1人で釣りをして、経験値を積んでほしいと願っています。

・北湖バス釣り、おかっぱりポイント辞典【永久保存版】

また、当サイトでは、琵琶湖のシーズナルパターンも解説しています。

・琵琶湖バス釣り、シーズナルパターンの解説はコチラ