琵琶湖で粘れるフロッグポイントをいくつか紹介

キムケンさんがスリザークでバスを釣りまくってるのを見たりして、フロッグの釣りをしたくなっていませんか?

琵琶湖の真夏はフロッグ。

それはおかっぱりでも同じこと。

フロッグの釣りって、粘って粘ったタコ粘りすることでデカバスを釣ることができる釣りです。

だからこそ、意識したい粘れるポイント。

今回はそんな琵琶湖で粘って釣りができるフロッグポイントを紹介します。

スポンサーリンク

瀬田川河口~天一裏

このエリアは流れがあります。

そして、流れがあってウィードマットが形成されている。

だからこそ、ウィードマットにベイトフィッシュが居ついたり、バスの隠れ家になる。

そして、回遊してきたバスが立ち止まったりと。

つねにバスがウィードマットに居ついて、新たなバスが入ってくる可能性のあるポイントです。

瀬田川河口~天一裏はウィードマットを見つけるには、ある程度歩かないと見つかりません。

そして、見つけたらある程度は粘ってフロッグを投げ込んでみてください。

途中で移動したくなっても少し我慢して投げ続けることがフロッグで釣る秘訣になってくるかと。

南湖東岸

駐車場もしっかり確保されていて、釣りがしやすいエリアが東岸です。

そして、夏になると形成されるウィードマット。

釣り人も多いですが、案外ウィードマットを本気で狙っている人が少ない。

だからこそ、自分だけ粘り強く投げることによってバスを叩きだすことができます。

瀬田川河口~天一裏とは違って、東岸のウィードマットはランガンを意識して釣りをしていきたいところです。

理由としてはいくつもウィードマットが形成されているから。

粘るというよりもタイミングを変えて入りなおしたほうが釣果は出やすいかと。

まとめ

琵琶湖のフロッグゲーム。

スリザーク、バスターク、ガバチョフロッグ。

こういったフロッグでデカバスを釣りたい。

そういった人は今回紹介したフロッグポイントを参考にしてもらえればと。