琵琶湖で激アツなサカマタシャッド8インチのインプレと使い方を紹介

現在琵琶湖でわいわい言われているワーム。

それがサカマタシャッド8インチです。

大き目のサイズ感が、

ブルッ!とボディを身震いさせながらダート。

サイズが大きいのに、素早いダートによりバスはスイッチが入ります。

ウィードレイクである琵琶湖。

ミノー、クランク、スピナベなどの幅広いルアーがありますが、スナッグレス性能とリアクションを併せ持ったサカマタシャッド8インチは用意しておきたいところです。

スポンサーリンク

サカマタシャッド8インチの特徴

・ボリュームがあるサイズ感

・ボリュームのわりにキレのあるダートをする

ボリューム感

ボリューム感って、琵琶湖の釣りにおいて結構大事だったりします。

大雨、暴風などの影響により琵琶湖は大きくフィールドコンディションが変わるところです。

そうなると必要になるのが、存在感。

ダートのキレとかカラーとかは小手先にすぎません。

まず大事なのはサイズ感です。

キレのあるダート

サカマタシャッド8インチはキレのあるダートをします。

もちろんサイズを落とせばもっとキレのあるダートをします。

琵琶湖で釣りをしていると必ずといっていいほど、ウィードが絡んできます。

キャストする。

ウィードが絡む。

そして、パンッ!と外した時にキレのあるダート。

こんな感じでデカバスをバイトをしてくると。

もちろん表層をバシバシとトゥイッチしてキレキレのダートで誘えるのもいいですよね。

サカマタシャッド8インチの使い方

使い方はいたってシンプル。

ジャークベイトのように使うだけ。

ワンテン、ルドラ、阿修羅。

これらの名作ミノーをトゥイッチしているような感じで使えばいいかと。

使いたいタックル

当サイトの管理人は7フィート前後の中弾性ロッドにフロロ20ポンドを愛用しています。

そして、フックは7/0。

いろいろ試してほしいのがフックセッティング。

このフックセッティング次第でサカマタ8インチのダートの質が変わってきます。

試行錯誤をして自分なりに釣れると思ったセッティングを探したいところです。

まとめ

現在琵琶湖で大人気になっているサカマタ8インチ。

夏なんかはウィードが一番形成されている時期でハードルアーでやり通すのがしんどいシーズンです。

だからこそ、広範囲に探れてリアクション的にバイトさせることができるサカマタ8インチは持っておきたいところですね♪