琵琶湖でクランクベイトを使うときはウィードのほぐし方で釣果が変わる

おかっぱりでクランクベイトって、トロロ藻みたいのがついたり、水深が浅すぎたり。

正直いって、結構使うエリアを選ぶルアーです。

それは琵琶湖のおかっぱりでも同じこと。

最近ではマグナムクランクなんかが流行っていますが、釣果を上げるために大事なこと。

それは、

ウィードのほぐし方。

クランクを巻いているとウィードに引っかかる場面って、よくあると思います。

そういったときに、

外すのめんどくさー。と思うのか

よし、ここから丁寧にやっていこ!みたいな感じでウィードに引っかかっている状態から丁寧に釣ることができるのか。

どちらの考え方でウィードをほぐすかによって釣果は変わってきます。

スポンサーリンク

テキサスみたいな感じでほぐす

イメージとしては。

テキサス、ラバージグ。

どちらも琵琶湖のバス釣りにおいては絶対的な定番リグです。

そして、釣るために欲しい要素はウィード。

ラバージグなどをウィードに引っかけて丁寧にほぐすことによって、バイトを誘発します。

ウィードをほぐすときに、

バシバシ!とほぐさないですよね??

まあ、跳ねラバとかは別ですけど。

基本的にはモジモジとやさしくロッドをあおって外すはずです。

それはクランクでも同様。

丁寧にモジモジとほぐすことによって、ギルなどのベイトフィッシュが注目する。

そして、当然バスも注目する。

そして、ウィードが外れた瞬間にクランクが浮上してバイト!てきな。

そんなイメージで琵琶湖でクランクベイトを使っていけばいいのではないでしょうか?

まとめ

琵琶湖のクランクゲーム。

ボートならガンガン巻いて使えますが、おかっぱりの場合はクランクの種類を選びます。

トロロ藻が少ないところ。

カナダモみたいなウィードを切りやすいエリア。

そして、それに合った水深を巻くことができるクランク。

そういった要素がしっかり揃った状態でクランクゲームを使いたいものですね。

管理人
琵琶湖でマグナムクランクをする場合は水深があるところが使いやすいです。