大雨のあとのバス釣り攻略法

台風、集中豪雨。

こういった状況が続いたときに、

琵琶湖って、どんな感じになってるかなー。

みたいな感じで仕事中とか運転しているときに、知らないうちに想像していたらあなたはかなりバス釣りに取り憑かれている可能性が高いです。

大雨。

それも記録的な豪雨なんかで仕事が休みになるぐらい降った次の日のフィールドは普段の状況と全く変わっています。

だからこそ得られる経験値。

そんな大雨が降った次の日の釣りかたを簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

打ちと巻きを両方準備

大雨のあとはシャローのブッシュなんかにバスが着いている可能性が高いです。

そして、そのブッシュ周辺を回遊しているバスも考えれます。

だからこそ打ちと巻きの両方を持っておきたいところ。

個人的にはスピナーベイト、テキサスリグ。

この2つは琵琶湖では絶対に持っておきたいところです。

状況把握でとりあえず巻きまくる

これが琵琶湖では定番かと。

とにかく巻く。

とくにおかっぱりの場合はシャローにバスが寄ってきているので単純に有利になってきます。

だからこそ、広範囲にパーっとガンガン巻いていくことによって、その日の状況をつかんでいくことができるかと。

琵琶湖って、釣れるときは簡単に釣れるけど、釣れないときは結構粘らないといけません。

その最初の判断をするためにも最初は巻物から入っていきたいところです。

まとめ

案外あっさりとした記事になってしまいましたね。

ですが、大雨のあとの釣りってこんなもんです。

自分が通いこんでバスがどういったところにたまっているかとか、そういったことが雨なんかでリセットします。

だからこそ、一から自分の足で稼いで巻いて探していくのが結局は釣れるかと。

しなやかな考えかたを持っている人は、大雨で地面がビチョビチョになっていても、自分のスキルを高めるために釣りにいきます。

そして、カチカチな考えの人はとにかく釣りたい一心で毎回同じルアー、同じ釣りかたをしていきます。

そうならないためにも、雨のあとのちょっと変わったシチュエーションなんかで積極的に釣り場に出向いていきたいものですね。