会社に行きたくない。上司が怖くてバックレたいとき

いま人生が辛い状況にいる人、こんにちは。

日曜日の夜に会社行きたくなくて寝れなくなっていませんか?

スマホの電源を切ってずっと寝ていたい感じになっていませんか?

すべて投げ出したくなっていませんか?

僕は引きこもりも経験したし、アルバイトも何度もバックれたことがあるからそういった気持ちわかります。

でもね、

今が辛い状況だとしてもできる範囲でやっていけば道は開いていくもんです。

あなたの頑張りを見ている人は現れるし、状況は必ず好転していきます。

今でも父は、

生きてる?とメッセージを送ってきます。

それくらい僕は終わっていました。

辛い。逃げ出したい。

2年前の僕はそんな感じでした。

このブログをみているあなたはきっと真面目でしょう。

なぜなら真面目な僕が書いた記事を定期的に読んでくれるから。

テキストばかりのこのブログをみるということは僕とフィーリングがあうはずです。

そして、僕と同じ思いを持っているかと。

だからこそ僕が勇気をもらった映画は得るものがあるはずです。

今の状況を冷静に分析できる映画をラインナップしてみました。

スポンサーリンク

東京難民

東京の大学生が急に除籍をさせられて、最終的にホームレスになってしまう映画です。

この映画は日本の資本主義の仕組みをよく描いている映画になっています。

東京難民をみて、今の自分がどういった状況にいるのか確認してみてください。

もしかしたらあなたの現状って結構恵まれているかもしれません。

だけど、ホームレスになってからの這い上がりかたを伝えられていないのが残念です。

あと高橋優のエンディングがいい感じです。

百円の恋

僕が引きこもりを経験していたときによく見ていた映画です。

この主人公、結構オワコンです。

だけど、目の前の状況でやれることを全力で取り組んでいくうちに状況が好転していくストーリーに勇気をもらえます。

一歩踏み出すのが怖いとか、頭のなかがグチャグチャのときはみておくことをお薦めします。

アフロ田中

マンガが超好きなんですけど、実写版もしっかりおもしろかった。

ということで紹介しておきます。

まじめな人ほど、どんどん悩んじゃってうつ気味になりがち。

そういう人はアフロ田中を見れば、

まあ、いっか。みたいな感じになります。

根が不真面目な人は参考にならない映画です。

真面目な人がみれば参考になる映画です。

真面目な人は、不真面目なことをしてやっと普通くらいですから。

会社でも少しぐらい緩くやっても大丈夫ですよ?

そういうことを僕はこの映画から学びました。

ショーシャンクの空に

この主人公ほど辛い状況はないかと。

1年に一回くらい見たくなる映画です。

超定番の映画ですが、やっぱり外せない頑張れる映画です。

まとめ

今回紹介した映画はアマゾンプライムですべて無料でみることができます。

お金がない人でも見れます。

辛い人はとりあえず再生してみてください。

・アマゾンプライムの公式サイト

今の自分の状況が辛くても、決して被害者意識を持たず少しずつ行動してください。

僕にできたからあなたにも絶対にできるはずです。

別に大きな決断ってしなくていいと思います。

いま自分が確実にできそうなことからやっていけば大丈夫ですよ?