琵琶湖のバス釣りで使いたいスイムジグ3選

琵琶湖って、バイブレーションとかを遠投してグリグリ巻いてくると大抵はウィードとかトロロ藻みたいなものがついてくるもの。

たまについてくるだけならいいけど、毎投ウィードがついてきたりして、

いちいち手で取るのはさすがに面倒。

そういったときに使いたいのがスイムジグ。

適度なアピール力もあって、ウィードレス効果も高い。

フルキャストをして広範囲に探る釣りが前提の琵琶湖ではスイムジグの釣りはマストです。

そんな琵琶湖で使いたい管理人がおすすめするスイムジグを3つ紹介します。

スポンサーリンク

管理人おすすめスイムジグ

僕が愛用しているスイムジグは以下の3つです。

・PDチョッパー

・バレッジスイマージグ

・スイミングマスター

この3つならどれを使っても問題ないかと。

スイムジグを選ぶときに意識したいポイント

琵琶湖でスイムジグを使うときに意識したいポイントを解説していきます。

フックサイズ

基本的に琵琶湖って、1時間だけ釣りをしてサクッと50アップとか釣れちゃうフィールドです。しかもおかっぱりでw

そうなると意識したいのがフックサイズです。

スイムジグって、各メーカーから発売されていて、なんとなくで購入しがち。

だけど、フックサイズだけは大きめのものを選んでおきたいところです。

スイングインパクト5.8インチとかのワンサイズデカめのトレーラーを使うときはなおさらかと。

値段

やっぱり値段はちょっとは意識しておきたいところです。

スイムジグはいろんなメーカーのジグを持っているよりも、ウエイト別に持っていたほうが釣果は上がるかと。

例えば、1/2オンスの重めのジグをシャローで使って早巻きしたり、1/4オンスのジグにしてウィードの面をテロテロと巻いたり。

そうなってくるとある程度の数は揃えておきたいので、値段も意識しておきたい項目です。

スイミングマスターとバレッジスイマージグで迷ったら、バレッジスイマージグのほうが安いから選ぶという選択も全然アリかと。

PDチョッパー

琵琶湖に通っているアングラーなら、大抵の人は使ったことがあるのではないでしょうか?

アンモナイトシャッドとの組み合わせはハイプレッシャーなエリアでも釣果を出すことが可能な組み合わせ。

通常のスイムジグなんかを使っていて、スパイス的に導入してもいいし、PDチョッパーをメインに釣りをしても楽しい釣りができるはずです。

ただ、フックが若干小さめなのが気になるところです。

バレッジスイマージグ

琵琶湖の近くの釣具屋なんかだったら大抵は売っていて、コスパに優れいてるジグ。

とりあえずスイムジグって、どういうものか知りたい人はバレッジスイマージグをウエイト別に購入して使ってみるのがいいんではないでしょうか?

価格、性能。

どちらもアングラーにとってやさしい製品になっています。

スイミングマスター

琵琶湖でプロガイドをしている国保誠さんがプロデュースしているスイムジグ。

琵琶湖でガイドをしている人が作ったジグだから間違いないw

そういう風に考えて僕は使っています。

なにも不満がないスイムジグかと。

まとめ

ラバージグにシャッドテールワームをつけて巻く。

関東のアングラーには馴染みがないかもしれませんが、琵琶湖のようなウィードレイクでは通年使うメソッドです。

琵琶湖でおかっぱりをする場合、クランクベイトなんかで釣りをしたらウィードが毎投ついてきて釣りにならないときがあります。

そういったこともあるので、琵琶湖に来たらスイムジグは持っておきたいジャンルですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする