リーフシュリンプのインプレ。琵琶湖での使い方はヘコリグかライトテキサス

関東ではあまり使っている人が少ないけど、関西では結構なアングラーが愛用しているジークラック。

当サイトの管理人もベローズスティックを愛用してからジークラックのワームには注目しています。

個人的にはジークラックといえばベローズスティックなのですが、最近はリーフシュリンプも要所で使っています。

リーフシュリンプはパドルテールのようなスティックベイトのような。

いろんなベイトに見せることができるワームになっているかと。

そんなジークラックから発売されているリーフシュリンプの特徴と使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

リーフシュリンプの特徴

リーフシュリンプの特徴は以下のとおりになっています。

投げやすい(案外高比重)

他のワームにはない形状

この2つざっとした特徴になっているかと。

投げやすい

リーフシュリンプは案外高比重なワームでぎっしりと塩がつまっています。

そのぶん軽めのライトテキサスで使えるからバイトも感じやすいし、飛距離も簡単に出る。

これによってアングラーのストレスがないから投げ続けることができて、結果として釣れる。

そういうプラスのループを形成してくれるのがリーフシュリンプの特徴の1つです。

他のワームにはない形状

リーフシュリンプは見ればわかりますが、ちょっと独特の形状をしています。

こういった形状をみると使うのを敬遠する人がいますが、だから釣れる。

リーフシュリンプという名前のわりには、わりといかついボディをしているので購入するのをためらう人がいますが、変わった形状のワームを導入すると案外ポロッとバスは釣れるもんです。

ライトテキサスで使いたい

基本的にはワームのよさを体感できるライトテキサスがおすすめかと。

おかっぱりなら7g前後でシャロのウィードをほぐしながら釣ったり、適当にずる引くだけである程度バスには近づくことは可能です。

まとめ

ジークラックってなんとなく使うのをためらってしまいがち。

これは僕の感覚ですがw

ですが、ベローズスティックとリーフシュリンプは一度は使っておきたいワームであることは間違いない。

なんというか琵琶湖で釣れる要素が詰まっているので個人的にはおすすめです。