ビックベイトで使いたいリールで個人的におすすめ【絶対推奨!!】

琵琶湖に通っているアングラーなら一度は使っておきたいビックベイトというカテゴリー。

ビックベイトで釣ってみんなに自慢したい!

SNSにアップしていいねをもらいたい!

わかります、その気持ち。

そして、それと同時にイケているタックルと一緒に写真を撮りたい。

デプスの真っ黒なブランクスに300番台のイカついカルコンのキラキラ。

それにデカバスとビックベイト。

そして、自分。

こういったものをすべて含んで写真をとりたい。

そう思う人もいるのではないでしょうか?

そして、ビックベイトを使う上で大事なのはリールです。

もちろんロッドも大事ですが、とりあえずロッドはある程度酷使すると折れるリスクが増えるので、

まずはリールに予算をつぎ込むのがセオリーです。

今回はそんなビックベイトに合わせたい管理人がいいなと思えるオススメをメーカー別に選びました。

そのときに選定基準としているのが、

・ギア比

・価格帯

・デザイン

・剛性

スポンサーリンク

ギア比

ギア比はビックベイトを使ううえでめちゃ大事な要素です。

結論からいうと、ハイギア~エクストラハイギアのベイトリールを選ぶのが定番です。

数多くのバスプロがビックベイトでハイギア以上のリールを使っているのは、よりバスを釣れる確率が増えるからです。

ハイギアを目いっぱい早巻きしてリアクションを狙う。

こういったことは体に負荷がかかりますが、結果としてデカバスに近づくためにはマストかと。

価格帯

ビックベイトって大体5000円以上します。

そう考えるとリールに予算を当てられなかったりするので、そのへんのバランスを考える必要があります。

あなたの予算が4万円だったら、

ビックベイトを2万円分でリールに2万円分。

あるいは、ビックベイトに5000円。

リールに35000円。

ビックベイトに予算をあてるのかリールに予算をあてるのかによってリール選びも変わってきます。

そういったことも考慮して選んでいきたいところです。

デザイン

実はこの要素はめちゃめちゃ大事です。

ビックベイトの釣りって、1日巻ききっても釣れないのが普通。

1週間、1ヵ月。

それぐらい忍耐強く巻き続ける根気が必要になってきます。

そういったときにあなたを支えてくれるのがタックルの存在。

たとえ釣れなくてもデザインのいいリールを使っているだけでアングラー自体のモチベーションは上がるもんです。

だってさ、買ったばかりのリールって釣れなくても投げているだけで楽しいですよね。

その感覚に近いかと。

使いこめば使い込むほどに愛着がわいてくる。

そういったことを基準に選んでいけば間違いないかと。

剛性

今の時代、リールってどれも剛性はあります。

ただ、規格外のビックベイトをゴリ巻きして使う場合には剛性に特化したリールを使うのは当たりまえのこと。

本気でビックベイトを使い込む人なら剛性も少しは考慮しておきたいところ。

これらを意識してチョイスしてみました。

ビックベイトで使いたいシマノのリール

シマノのなかで使いたいビックベイト専用リールは以下のとおり。

・アンタレスDCMD

・カルカッタコンクエスト200

・クロナークMGL

・スコーピオン200

この4つが個人的におさえておきたいリールです。

アンタレスDCMD

このリールはやばいでしょw

村田基さんがワールド基準で作ったアンタレスの最新機種。

アンタレスシリーズでバス釣りといえば12アンタレスとか16アンタレスDCが定番。

ですが、琵琶湖のアングラーで20ポンド前後を使用してビックベイトを使うならアンタレスDCMDのほうがいいのは明らか。

しかもギア比が7.8ということでエクストラハイギア。

スプール径も38ミリということで爆飛び間違いなし。

アンタレスDCMD、、、チートレベルに仕上がっています。

ビックベイトの釣り以外にもソルトの釣りにも使えるのもうれしいところです。

カルカッタコンクエスト200

昔からビックベイトの釣りといえばカルコン200。

剛性、デザイン。

この2つが個人的にはかなりツボなリールです。

最近ではハイギア仕様も発売されているので、ハイギアのほうが個人的にはおすすめ。

カルコンとアンタレスでどっちにしようか迷っている場合はデザインで選べば間違いないかと。

自分が使っていてテンションが上がるリールを選ぶのが基本中の基本です。

クロナークMGL

最近ではバンタムMGLが発売されて、クロナークMGLの注目度が下がりましたが、クロナークのほうが個人的に好き。

パーミングのしやすさ、デザイン、価格。

糸巻き量も16ポンド100mということでいろんな釣りにも使えるのもいいところです。

スコーピオン200

高校生はスコーピオン200でしょ!

あるいは釣果優先の人はこのリールかと。

かっこいいリールとかいらないから必要十分のリールが欲しい。

そういった人はスコーピオン200を酷使してデカバスを釣ってもらえればと。

20ポンド100mでハイギアもラインナップされているので、リールに予算をかけたくない人におすすめです。

まとめ

ビックベイトって、そう簡単に釣れるカテゴリーではないです。

だからこそ、こだわりのあるタックルで挑みたいものです。

釣れない時間帯にどれだけ楽しむことができるか?

投げているだけで楽しいから1日巻くことができる。

だからバイトチャンスが増える。

だから釣れる。

そういった最高のループ状態に入っていけば無双ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする