バス釣り初心者におすすめのロッドを紹介!

これからバス釣りを始める人。

あるいは本格的にバス釣りを始める人。

そういったバス釣り初心者の人が特にしっかり準備してほしいのがリールとロッド。

そのなかでもロッドは最初に使うものによって、

今後の釣りのスタイルが決まってきます。

例えばワーム専用のロッドを選んだらワームばかり使うような釣りのスタイルになるし、クランクベイト専用のロッドを選んだらクランクばかり使うスタイルになります。

なので、最初はワームからクランクベイトなどのルアーを幅広く使えるロッドが大事になってくるかと。

そう考えると定番のバーサタイルロッドが一番になってきます。

そのなかでも当サイトの管理人がおすすめしたいロッドがシマノとダイワ。

ロッドっていろんなメーカーから出ているけど、まずは定番から抑えるのが鉄則です。

シマノとダイワは釣りメーカーとして超有名です。

なので、シマノとダイワからバス釣り初心者におすすめのスピニングロッドとベイトロッドを紹介します。

スポンサーリンク

ベイトロッド

シマノ ゾディアス166M

バス釣りをするうえでの基本となるロッドです。

弁当屋でいうのり弁みたいな感じです。

とりあえず抑えておけば失敗しないので、最初はこれかと。

ワームからルアーまで幅広く使えるし、ロングキャストもできるベイトロッドになっています。

最近はロングロッドが人気ですが、やっぱり最初は66Mくらいのベイトロッドが使いやすいです。

ダイワ ブレイゾン661MB

シマノのゾディアス166Mと同じ仕様になっているようなロッドです。

ブレイゾン661MBも幅広く使えるし、最初のベイトロッドにはいいのではないかと。

ゾディアスとブレイゾン。

どちらも値段が似たり寄ったりなので、最終的にはデザインで決めていいと思いますw

スピニングロッド

シマノ ゾディアス264ML

バス釣りをこれから始める人はとにかくいろんなルアーが使いたくなるもんです。

ワーム、クランクベイト、トップウォーター。

特に最初のうちはスピニングロッドからスタートする人がほとんどです。

そう考えるとスピニングロッドでもMLクラスぐらいロッドがほしいかと。

ゾディアス264MLはワームからプラグまで使えるロッドなので、スピニングロッドからスタートしたい人にはいいのではないでしょうか?!

ダイワ ブレイゾン641MLS

正直、ゾディアス264MLと性能が被っています。

なので、自分がいいなと思ったデザインで決めていいかと。

個人的にはブレイゾンのほうがデザインが好きなので、こっちを選ぶと思いますが。

まとめ

バス釣り初心者の人にとってロッド選びってよくわからないと思います。

各メーカーからいろんなものがあって迷うと思いますが、

最終的にはデザインで決めるのがいいのではないでしょうか?

1万円代で売っているロッドなら、今の時代いいものばかりです。

今回紹介したロッドのほかにもいろんなロッドがあるので、いろいろ探してみるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする