デプスのワームおすすめ3選

琵琶湖といったらデカバス。

そしてかなりの割合で琵琶湖アングラーが持っているデプスのワーム。

デカバスを狙いにいくならデプス。

当サイトの管理人もそう思っています。

そんな僕がデプスのワームからおすすめできるものとして以下の3つ。

・デスアダースティック

・ブルフラット

・デスアダー

この3つのワームはおすすめです。

というかデプスで定番のワームですね。

なぜおすすめなのか?

それはデカバス捕獲率が個人的に高いから。

そんなデプスのワームを1つずつ解説していきます。

スポンサーリンク

デスアダースティック

高比重ワームのジャンルとしては比較的安いしよく釣れる。

琵琶湖で高比重スティックベイトとして絶対的定番なのがデスアダースティックです。

そして使いたいサイズが6.5インチ。

琵琶湖は広大です。

ピンスポットを知っているならワンサイズ小さくてもいいかもしれません。

だけど、ロコアングラーじゃないとそれは厳しい。

だからこそ一番デカいサイズの6.5インチでとにかくバスに気づいてもらうことを意識しておきたいところです。

ブルフラット

もはやデプスの代表的なワームになっていあす。

そして、一番デカいサイズの5.8インチしかもはや釣り具屋に売っていませんw

だからこそ使いたい5.8インチ。

圧倒的なボリュームとスパイラルフォールで琵琶湖のようなビックレイクでもバスを引っ張る力があります。

基本的に3.5g程度のペグ止めなしのライトテキサスでウィードが生えているところに置いていくだけで何かしら反応が返ってくるワームです。

5.8インチしか売っていない。

だけど、それはみんなが使っていない証。

先行者利益を使ってガンガン使ってみるのもいいと思います。

どうせ使うなら一日やりきるぐらいの気持ちで使いたいところです。

デスアダー

オールシーズン使えるワームといえばデスアダー。

琵琶湖以外のフィールドでは冬は厳しいけど、琵琶湖なら冬でも実績のあるワームです。

5インチ、6インチ、8インチ。

それぞれ使い時があって、ジグヘッド、ノーシンカー、ライトテキサス、チャターのトレーラー。

いろんな使い方があるだけに自分次第でいくらでも化けるワームかと。

まとめ

デプスのワームって、他のメーカーに比べたらちょっと安いし針持ちが良かったりします。

琵琶湖に通っているアングラーなら定番だけに、今回紹介したワームの1つでも信じれるワームを持つことができればデカバスは近づいてくるかと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする