バス釣り3月上旬の釣り方とパターン

3月上旬のバス釣り。

真冬にガイドが凍って手の間隔がない状態でもひたすら釣りを行っている人にとってはバスの動きを掴めはじめてる時期。

そして、3月上旬からバス釣りをはじめる人にとっては、これからバスの状態を知る時期にです。

どちらの人にせよ、2月下旬同様に3月上旬はデカバスに遭遇する確率が高いので、ぜひとも釣り場に出向きたい時期です。

そして、3月上旬において意識したいのが、

シャロー。

シャローをその日の状況に合わせて釣っていくことです。

スポンサーリンク

シャローが基本

3月上旬って日差しが強くて、シャローにバスが差し始める時期です。

だからこそ意識したいシャローの釣り。

とにかくシャローに差してくるバスとルアーがはちあうタイミングを狙うことがキーになってきます。

スピナーベイト、スイムジグ、クランクなど、

なんでもいいですが自分の好きな釣りでガンガン巻いてシャローを探ってバスとはちあうことを狙っていきます。

琵琶湖で釣りをしているなら、水質が濁っていたらクランク、

水質がクリアだったらスイムジグとかバイブレーション。

そんな感じで自分なりに基準をもってシャローを釣りあるいていけばいいかと。

ただし、寒い日だったら展開を考える

3月上旬のバス釣りといえども、いきなり雪が降ったりガイドが凍るぐらい寒い日があります。

そうなるとシャローのエリアは急激に水温が下がるので釣り方の展開を考える必要が出てきます。

琵琶湖なら西岸の水深が深いところでメタルバイブを投げてみたり、風裏の水温が下がりにくいところで釣りをするとか。

いろいろあります。

でも琵琶湖って仕事前とかにサクッと50アップが釣れるフィールドです。

多少天候が悪くてもシャローをひたすら巻いても釣れちゃうので、シャローを投げ続ける根気がある人はシャロー展開でいけますw

まとめ

3月上旬のバス釣りは、デカバスが釣れる可能性が高い時期です。

管理人もはじめて琵琶湖でロクマルを釣ったときは3月でした。

3月上旬からバス釣りをはじめる人にとっては、バスの状況を掴むのに時間がかかるかもしれませんが、コツコツと釣り場に行けばいつか釣れますw

・琵琶湖バス釣り、3月の釣り方