ジャークベイトに使いたいロッドは体に負担がかからないレングス

冬から春にかけて使う人は使うジャークベイト。

というかジャークベイトって、いろんなタイプを使い分けることができればオールシーズン使えるルアーの基礎。

ジャークしてバスに仕掛ける。

ただ巻きで高活性のバスを狙う。

みたいな感じで自分なりに工夫して使うことによってバスを釣ったときの喜びは他のルアーにはないものです。

ジャークベイトをするうえでとにかく意識したいのが、

手首に負荷のかからないロッド!

トゥイッチ、ジャークをメインに1日やると、負荷がかかるのが手首。

この手首の負荷とどう向き合うかで釣果は変わってくるかと。

そのためには、ショートレングスのロッドセレクトがキー。

スポンサーリンク

M~MHパワー、ショートレングス

個人的には6.3フィートでMHパワーのロッドが琵琶湖では使いやすいかと。

ウィードも切りやすいし、軽いトゥイッチでもミノーがかっ飛びます。

なによりも6.3フィートというショートレングスなので、ジャークがしやすくて手首に負荷がかからないのがいいです。

ただ巻きがメインならショートレングスじゃなくてもいい

グリグリっと巻いて、ピタッと止める使い方ならショートレングスのロッドは必要ないかと。

それよりも7フィート前後のロッドをセレクトしてロングキャストできるロッドを使っていきたいもの。

まとめ

ジャークベイトのロッドは、ジャークをメインならショートレングス。

ただ巻きなどのリールを使ってミノーを操作するなら、遠投を意識したロングロッド。

単純にこういった使い分けでジャークベイトのロッドのセレクトをしていけばいいですね。

まあ、とにかくジャークベイトを使って経験値をためて自分にあったロッドの基準をつくるのが最強です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする