18バンタムMGLって琵琶湖にいい感じに使えない?

バンタムMGLって、なんか名前が未だに受け入れられない。

この感じわかりますかね?

でも、スペックとか見た目、価格とかトータルでみると、

琵琶湖にかなり向いているかと。

管理人が愛用しているジリオンtwとコンセプトがかぶっている感じがしますが、シマノからロープロモデルのローギアモデルが出たのは個人的にツボです。

シマノのリールにはローギアが乏しい。

ロープロであるとしたらクラドとかのラインキャパが結構あるモデル。

あとはハイエンドのカルコンとか。

そういった理由から、ローギアが好きな管理人はジリオンtw5.5を愛用していました。

スポンサーリンク

剛性が売り

バンタムMGLって、頑丈みたいですね。

でもさ、シマノリールって頑丈だよね?!

いまだに銀メタとか使ってるけど、壊れる気配ないし、シマノのリールのなかで剛性を売りにしているとなるとめっちゃ頑丈でしょうね。

土日しか釣りしない人は、壊れることがなさそうな感じのイメージがあります。

ラインキャパが最高

16ポンド100mのラインキャパが琵琶湖向きかと。

基本的に20ポンドを巻いている管理人としては、ちょうどいい感じのラインキャパでかなり使いやすい設定になっているかと。

ローギアがラインナップ

普段ダイワを使っている人が、このバンタムMGLの登場によって、シマノ派に流れ込むかもしれません。

その理由がローギア。

いままでのシマノのローギアモデルはカルコンとクラドという、なんかいろんな意味で手を出しづらいリールしかありませんでした。

ですが、琵琶湖アングラーウケがよさそうな18バンタムMGLの登場によって、シマノのローギアモデルの幅が大きく広がりました。

ジリオンtwに満足している人ならいいんじゃない

スペックとかコンセプトがジリオンtwに似ています。

なので、ジリオンtwを使っていて満足している人なら、バンタムMGLも満足して使えるのではないかと。

個人的にはジリオンtwが壊れたらバンタムMGLを買ってみようかなって感じですね♪