ジグストバス釣り、使いたいトレーラーと使い方

バシバシとロッドをアクションさせて、ジグにパワーを与えて食い気のないバスを釣ることのできるジグスト。

使い方は、キムケンさんの動画をみてくださいw

youtubeで「ジグスト」って検索すれば出てきます。

動画をみれば分かると思いますが、フルサイズのラバージグをミドストみたいに使うので、非常に疲れるイメージがあります。

実際にやってみるとチートレベルにしんどいです。

スピニングならロッドをシェイクしながら1日中やりきることは可能ですが、ジグストの場合は、ある程度の経験とタックルセレクトを考える必要があるかと。

スポンサーリンク

左巻き用のリールじゃないとしんどい

これは管理人のケースです。

普段巻物を使うときは右巻きのリールを使っていますが、ジグストの場合は左巻きじゃないと1日やりきれません。

琵琶湖のスイムジグ感覚みたいな感じで右巻きでジグストをやると左腕を酷使して釣りどころじゃないです。

タックルは軽め

ジグストに使うタックルは、

・自重が軽いリール(アルデバラン50とか最高)

・ショートロッドのベイトロッド

この2つは意識しておきたいところです。

別にゴツイタックルとかじゃなくていいです。

スイムジグとかラバージグのタックルって、7フィート前後でMHクラスで中弾性が琵琶湖では基本。

・ラバージグのロッドに関する記事

ですが、ジグストの場合はアングラーの負担が大きいです。

釣りが終わった後とか手首がパキパキなるくらい疲れるので、自重が軽いベイトリールとショートレングスのロッドがいいかと。

トレーラーは普段使っているもので

あなたが普段スイムジグに使っているトレーラー。

ラバージグに使っているトレーラー。

これらを普通にジグストに合わせればいいかと。

普段組み合わせているスイムジグでジグストをすることによって、釣果がちょっと変わった気がする!

それはジグストをしたことによってバスが釣れた可能性が高いです。

そういったことを知るためにもトレーラーは普段あなたが使っているものがいいかと。

まとめ

ジグストとか新しいテクニックって、どうしてもやるのが億劫になるもの。

とくにスイムジグとかは、巻いているだけで釣れるので、ただ巻きに頼ってしまいがちです。

ですが、新しいテクニックを取り入れることによってアングラー自体の経験値とレベルが上がることは間違いないので、ぜひとも導入していきたいですね。

管理人
ジグストはタックルセッティングが超重要です。