琵琶湖バス釣り、膳所港のおかっぱりポイントと釣り方

みんな大好き膳所港。

オールシーズン釣り人がいて、バスがストックされている可能性が高い膳所港。

ただ、小林釣具店のボートが係留されているので、トラブルだけは避けたいもの。

そんな、膳所港のおかっぱりポイントと釣り方を解説します。

スポンサーリンク

膳所港のおかっぱりポイント

膳所港のポイントは2つ。

・港内

・港周辺

港内

港内は、風をプロテクトできるし、バスが身を隠す場所があるので、通年バスがストックしているポイントです。

港周辺

膳所港周辺は、船の行き来があるのでミオ筋があったり、近江大橋が近いので、ボトムの質がよかったりします。

そういった条件が重なっているので、良質なウィードが形成されています。

要は、膳所港内とその周辺はまんべんなく釣っていこうぜ!ってことですね。

膳所港の釣り方

膳所港の釣り方は、基本的になんでもいいかと。

ただ、港内で巻物はポイントの規模的にしんどいので、ネコリグとかダウンショットのフィネスで釣るのが確実かと。

それがいやだったら、シャッドをチャキチャキと操作してバスを浮かせるのもアリ。

ハイシーズンなら子バスが結構湧いてきます。

膳所港周辺はシャローのかけあがりと、ボートが安全に行き来ができるようにミオ筋があって水深があるところが混在しているので、そういったポイントを中心に狙っていきたいですね。

管理人は、デスアダースティック6.5インチのライトテキサスで港周辺の良質なウィードを探って、ひたすらバスがバイトしてくる時合いを待ちます。

まとめ

どの時期でもとりあえず釣り人がいる膳所港。

近江大橋、シャローのかけあがり、ミオ筋、良質なウィード、そして、バスが身を隠すことができる港内。

これだけ条件が重なっていればバスがストックしているのは当然です。

管理人は、他の人が膳所港で釣っているのを見たことがありませんが、何度か通ううちに地形とかウィードの位置がわかって、バスに近づいていくことができます。

管理人
バス釣り以外の釣りをしている人もいるので、トラブルは避けたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする