ラバージグのトレーラー、付け方から冬のおすすめまで超解説

ラバージグを使う上で、大切になってくるのが、トレーラーの存在。

フィールド、その日の天候にあったワームタイプ、カラーセレクト。

そして、自分なりに納得のいくラバージグのトレーラーセレクトができたら、なにげに大切というか、かなり大切なトレーラーの付け方。

これらのトレーラーの基本を丁寧にこなしていくことによって、ラバージグでバスを釣ることにつながるかと。

それでは、ラバージグのトレーラーに関することを淡々と紹介していきます。

スポンサーリンク

琵琶湖で使いたいトレーラー

琵琶湖でラバージグを使う場合のトレーラーに使うワームは、

・ドライブクロー

・デスアダーツインテールグラブ

・デスアダーホッグ

当サイトの管理人は、この3つのワームを重点的に使っています。

・琵琶湖で使いたいラバージグのトレーラー

ラバージグのトレーラーの付け方

ドライブクローとか、スタッガーワイドってよく釣れるワーム。

だけど、ラバージグのトレーラーとして使う場合、よくズレるのも事実。

そのためには、トレーラーの付け方をある程度覚えておく必要があるかと。

・ラバージグのトレーラーの付け方に関する記事

冬におすすめのトレーラー

冬はワームの動きが鈍くなるもの。

だからこそ使いたいポーク素材。

当サイトの管理人は、

・アンクルジョッシュ

・ビックダディ

この2つを冬に使っています。

・ラバージグ、冬におすすめのトレーラーに関する記事

ラバージグのおすすめのトレーラータイプ

トレーラーを選ぶうえで基本となってくるのが、ワームのタイプ。

当サイトの管理人は、

・オールラウンド系

・フォール系

・リアクション系

この3つのタイプのトレーラーを軸にしてワームを選んでいます

・おすすめのトレーラータイプに関する記事

トレーラーのカラーセレクト

ワームのカラー選択って、釣具屋で買うときは結構悩むのに、釣り場では適当にチョイスしがち。

トレーラーのカラーは、

・派手系

・地味系

この2つを抑えれば、十分かと。

・ラバージグのトレーラーのカラーセレクトに関する記事

まとめ

ワーム選択、カラー、付け方などなど。

ラバージグのトレーラーって、無限の組み合わせがあると思います。

アングラーによって、ラバージグの組み合わせは十人十色。

だからこそ、自分なりに軸を持って、ワームのセレクトができるようになればいいですよね!