ラバージグのトレーラーの付け方をあなたに教える

ラバージグのトレーラーって、その日のフィールドタイプ、天候などの状況によって、ワームを選ぶのってすごい大事。

だけど、なにげに大事なのがトレーラーの付け方。

これをしっかりとしないと、ワームがズレたり、ワーム本来の性能を引き出すことができなくなります。

でも、ラバージグのトレーラーの付け方って、シンプル。

順番としては、

・ワームのフックポイントを決める。

・ゆっくり入れる。

・接着剤を付ける。

・フックキーパーを付ける。

この4ステップかと。

フックキーパーは、スイムジグを使ううえではマスト。

オッケーィ??

それでは、具体的に1つ解説していきます。

スポンサーリンク

ワームのフックポイント決める

まず、最初にフックを出す位置をイメージしますw(スタッガーワイドとバズベイトの組み合わせを例に)

イメージというか、画像のように、

ここらへんかなぁー。

ぐらいでオッケー。

ゆっくりまっすぐ押していく

フックポイントをイメージしたら、ゆっくりと押していきます。

もう一度いいますよ?

ゆっくりですからね!

イメージとしては、釣れるように、

1日相棒になるつもりで、愛着を持って取り組んでくださいw

フックの根元に接着剤を付ける

ある程度、画像のように、ワームをフックの根元付近まで押したら、

接着剤の出番です。

これを怠ると、ワームがズレて、集中して釣りができないので、

最重要項目です。

やることは、簡単。

フックの根元に接着剤を軽く付けて、

あとはワームを根元までしっかりと付ける。

好みでフックキーパーを付ける

ここまでくれば90%ぐらい完成です。

あとは、好みでフックキーパーをつけてください。

接着剤とフックキーパーをすると、1日釣りをしても全くズレません。

琵琶湖でスイムジグをする場合は必須なので、巻く系のトレーラーをラバージグにつけるときはぜひ活用したいところ。

まとめ

ラバージグって、使っているうちにズレるとやってられなくなるもの。

だからこそ、すぐにキャストしたくなる気持ちを抑えて、確実にトレーラーを装着しておきましょう。

個人的にお勧めは、釣行前日にあらかじめセットしておくのがいいかと。

そうすれば貴重な釣りの時間を無駄にしなくて済みますからね。

時間は有限なので、大切に使っていきましょう。