ラバージグの種類はいろいろ個人的には3つ

ラバージグの種類って、様々なだけど、個人的に使っているのは3つ。

・アーキヘッドタイプ

・ラウンドタイプ

・フットボールタイプ

この3つを使い分けて、ラバージグを使用しています。

琵琶湖のようなウィードレイクで、ウィードの中を釣っていくなら、アーキヘッドタイプ。

リザーバーのようなフィールドで、岩盤を釣っていくようなら、フットボールタイプ。

こんな感じで、当サイトの管理人は、いくつかのラバージグの種類を使い分けて、釣りをしています。

それでは、1つ1つのラバージグの種類を解説していきます。

スポンサーリンク

アーキーヘッドタイプ

ウィードの中を釣る、ウッドカバーやアシの中を釣る。

こういうときには、アーキーヘッドタイプのラバージグ。

個人的には、ジグと言ったらアーキーヘッドタイプでしょ!ってぐらい、最初に持っておきたいラバージグの種類の1つ。

なんのジグを買っていいか、わからない。

そんなときは、まずアーキーヘッドタイプのジグを揃えるのがいいかと。

フットボールタイプ

その名のとおり、ラバージグのヘッドの形状が、スポーツのフットボールに似ていることから、来ています。たぶんw

そんな、フットボールタイプのラバージグの特徴として、

・着底姿勢が安定している。

・まっすぐキレイにフォールする。

こういった特徴があって、リザーバーのフラットな地形、岩盤などを釣っていく時には、かなり有効なジグになっています。

ラウンドヘッドタイプ

これは、アーキーヘッドとフットボールの中間的な立ち位置にある、ラバージグです。

ある程度のカバーなら、このラウンドヘッドタイプでいけるし、垂直フォールも可能なので、岩盤などでも使えます。

ラバージグ1つで、オカッパリをするなら、こういったラウンドヘッドタイプのラバージグを使うのもいいですね。

まとめ

ラバージグの種類って、さらに細かく分けるともっとあると思います。

ですが、そんなに数多くの種類のラバージグを持っていくよりも、1日1つのジグを使い倒した方が、案外釣れるもんです。

管理人
ラバージグって、集めることに夢中になりがち。