ラバージグのトレーラーって冬はポークを持っておきたいところ

ラバージグのトレーラーって、冬の定番は昔から、

ポーク!

テロテロな素材、自発的にいつまでも動いてバスをアピールしてくれる。

そして、冬にラバージグのトレーラーでポークを使うとデカバスが釣れるとよく言われています。

当サイトの管理人も、ビックダディとアンクルジョッシュにはお世話になっています。

なんかビックダディが生産終了したっぽいですが。

そんな、冬のラバージグ。

トレーラーはぜひともポークを使ってほしいと思っています。

スポンサーリンク

冬はやっぱりポーク

冬以外のラバージグのトレーラーは、オールラウンド系、フォール系、リアクション系の3つのタイプを使い分けることを当サイトでは推奨しています。

・ラバージグのトレーラーおすすめ3タイプ

ですが、冬は水温が最低水温まで下がるので、ワームの動きが悪くなったりします。

ポークは素材の特性上、冬の最低水温でも自発的にテロテロと動いていくれるので、バスにしっかりとアピールしてくれます。

でも、琵琶湖だったら最低水温になってもフィールドが凍るぐらいっていうわけでもないので、当サイトの管理人が推奨しているワームでも十分対応できます。

・ラバージグのトレーラーは琵琶湖だったら3つある

使いたいポークは2つ

使いたいポークは2つ。

ビックダディとアンクルジョッシュです。

ビックダディは、デカバス狙い。

アンクルジョッシュは、基本。

そんな感じで使ってもらえればと思います。

琵琶湖のおかっぱりでポークを使うなら、飛距離が出やすいアンクルジョッシュを断然おすすめします。

ビックダディは空気抵抗が強いので、あまり遠投には向いていないので、おかっぱりではシャロー付近を釣るときに使用したいところ。

まとめ

冬のラバージグのトレーラーって、やっぱりポークが強い。

てか、冬にラバージグを投げ切る人がどれくらいいるのか個人的に謎ですが、辛抱強くキャストするぐらいの気持ちでキャストしていきたいものですね。

管理人
あまりトレーラーにこだわりすぎず、あくまで冬の釣りをやりきるための手段として、ポークは使っていきたいところですね。