ラバージグのトレーラーのカラー色ってどう使い分ける??

ラバージグのトレーラーのカラー。

これって、ラバージグのトレーラーに限らず、テキサスリグとかワームを使う場合には結構気を使うところですよね。

当サイトの管理人は、ラバージグのトレーラーのカラーの使い分けとしては、

・派手系

・地味系

この2種類で使い分けています。

個人的には、カラーにこだわりすぎると、1日の釣りが混乱するので、シンプルに派手な色と地味な色で使い分けています。

それではラバージグのトレーラーのカラーを具体的にどのように使い分けているのか解説していきます。

スポンサーリンク

ラバージグのトレーラーの色の使い分け

トレーラーの色が派手

派手な色を使うときは、超シンプルに普段通っている場所が濁っているときとか、天候が荒れているときに派手なカラーを使います。

あとは、ちょっとスパイス的にカラーに変化を加えたいときぐらい。

具体的な派手な色としては、青か赤色を使っています。

ノリーズのワームの青系とかイケすぎていてい、個人的にツボりすぎているカラーですね。

あとはキッカーバグみたいにワンポイントで派手な色を取り入れているのも、個人的にはいいかと。

トレーラーの色が地味

地味系はグリパンとかのカラー中心を意味しています。

グリパンに近い色をとにかく、細かく変えていく感じ。

派手系はあまり、細かいカラーローテーションはしないですが、地味系は、グリパンを基本にちょっとだけラメを入れてみたり、みたいな感じでちょっとずつカラーローテーションさせていきます。

まとめ

ラバージグのトレーラーのカラーって、ジグのラバーと同じにしたほうがいいとか、しないほうがいいとか。

いろいろな意見がありますが、結局は自分で試していくのが確実ですね。

ちなみに、当サイトの管理人はジグのラバーとトレーラーのカラーを一緒にするとか、そういったことは全く意識していないですw

管理人
ジグの形状、ラバー、トレーラー、カラー。これらを細かく考えるとキリがないですね!!