琵琶湖、とくに北湖の冬にネコリグで確実にバスに近づいていく

冬のバス釣りは、なかなか一匹を釣るのが難しいもの。

そんな時期だからこそ、ハイシーズンでは通わないエリアの研究をしていおきたい。

そうなると使うリグとしては、

バイブレーション、ヘビキャロが確実。

だけど、ネコリグを使うことでよりボトムの地質の把握がしやすくて、PEシステムを組んだスピニングタックルだったら、遠投も効く。

それでいて、釣れやすい。

釣れやすいといっても冬なので、めちゃめちゃ釣れるというわけではないですが、比較的釣れる方かと。

スポンサーリンク

北湖のディープを探る

冬の琵琶湖、とくに北湖は水温が最低水温になるといっても、他のフィールドに比べたら釣れる。

だからこそ、冬は北湖にいきたいもの。

北湖ならネコリグでアクションしている限りバスが見つけてバイトを誘発してくれます。

ポイントは重めのシンカーで遠投すること。

重めのシンカーを使って遠投

北湖では遠投がマスト。

そのために7g~12gぐらいの重めのネイルシンカーで水深10mほどの地形を探ります。

どういった地質をしているのか、ウィードはどうか?

そういった状況を探りながらシェイクしているうちに、

コンッ!!

まさかの北湖特融のデカバスがバイトしてきます。

まとめ

琵琶湖でも北湖は冬に強いフィールドです。

冬だからこそデカバスを求めて北湖に通うアングラーもいるかと。

ネコリグは初冬なら数釣りも楽しめる釣りなので、12月中ならどんどん使っていきたいですね。

管理人
北湖の冬の定番はネコリグ。ワームよりもシンカーの重さにこだわりたいところ。