ラバージグのトレーラーは琵琶湖だったらアレ。

ラバージグのトレーラーって永遠のテーマ。

さらに、琵琶湖だったらウィードの濃さ、種類、シチュエーションによって使い分けたいもの。

それらを考慮して、当サイトの管理人は3つのトレーラーを使っています。

それが、

・ドライブクロ―4インチ

・デスアダーグラブツインテール

・デスアダーホッグ5インチ

これらをよく多用しています。

理由としては、3つそれぞれが違うアクション、強さで使い分けられるイメージで使えるからです。

それでは、それぞれの琵琶湖のラバージグのトレーラーで使いたいワームを紹介していきます。

スポンサーリンク

琵琶湖のラバージグのトレーラーを使い分ける

ドライブクロ―4インチ

フォール、着底、回収。

これらの一連の動作、すべてにおいてバイトチャンスがあるのがドライブクローかと。

ラバージグで釣りをするときにトレーラーとして最初に選ぶのがドライブクロ―です。

そして、このドライブクロ―で様子をみてからトレーラーを変更していきます。

ちなみに当サイトの管理人は、キャスタビリティを意識して4インチを使用しています。

デスアダーグラブツインテール

ドライブクロ―でフォールでバイトが多発しているときに活用したいのが、デスアダーツインテールグラブです。

よりフォールを意識したトレーラーのセレクト的な感じで使用しています。

まあ、これにしたからといって急激にバイトが増えるわけじゃないけど、楽しいじゃん??

ゲーリーからもダブルテールのグラブが出されていますが、個人的には、デプスのグラブのほうが素材が硬いし、針持ちもいいので、断然こっち!

デスアダーホッグ5インチ

ボトムを中心に探りたいとき、フォールのアクションを変えて、ストンとリアクション気味にバイトさせたいときにデスアダーホッグの出番。

なんというか、着底した後のボヨッとした感じがいいかと。

デスアダーホッグのサイズは5インチで若干デカめですが、頭をカットしてラバージグのシルエットがなるべくコンパクトになるようにしています。

まとめ

ラバージグのトレーラーって、本当に無限大。

さらに、ラバージグのラバーまでこだわりだしたり、自分で自作なんかしたら、終わりがないジャンルのルアーです。

琵琶湖でラバージグを使うときは、自分なりの基準を持ってトレーラーを選ぶと、釣れるというより楽しいですね!!

管理人
ちなみに、ラバージグのトレーラーの種類を持ちすぎると、混乱するので注意が必要です。