バス釣りでよく釣れるネコリグの使いかたを2分で解説

この記事は2分ほどで読めますのでじっくり読んでください。

ネコリグの使いかたって超シンプル。

あんまり難しく考えないで、キャストしてボトムまでフォールさせたら後は、

ひたすらシェイク!

これが基本。

それよりも意識したいのがネイルシンカーの重さ。

ネイルシンカーの重さによって、アクションの質も変わるし、バスの釣果も変わってきます。

スポンサーリンク

スピニングで使うなら1.8g前後

スピニングで使うなら極力軽いシンカーで使うのが基本になってきます。

フワッフワッーストンみたいなそんな感じですw

なんとも擬音な表現になってしまいましたが、

スピニングタックル特融の繊細なアクションとトラブルレスを活かして、なるべく軽いシンカーを使っていきたいところ。

ベイトなら2.7g前後

ベイトでネコリグを使うなら、ベイトフィネスでの使用が前提のもとなるべく重めのネコリグを使うのが基本です。

それは投げ続けるために必要な要素だからです。

ネコリグで釣ることを前提に使うというよりも、

まずは自分が快適だと思う重さで釣りをしていくのが大切になってきます。

ベイトフィネスはセッティングがシビアなので、まずは重めのシンカーを使って快適に使えることを意識する。

これが大事な心構えかと。

まとめ

ネコリグって、どうしてもネイルシンカーの重さを適当につけてしまいがち。

だけど、軽いシンカーと重いシンカーとでは、釣果が大きく変わります。

自分が普段通うフィールド、その日のシチュエーションに合わせて自分なりに組み合わせて使いかたを覚えていきたいものです。

管理人
ライトリグの定番の1つのネコリグ。釣れすぎて依存しないように注意しましょうw