バス釣り、まずは抑えておきたいおすすめのネコリグをいくつか紹介

ドライブクローラーのようなストレートワームには、

ノーシンカー、ジグヘッドワッキー、ダウンショットなどの様々な使いかたができます。

そのなかでも、いろいろなシチュエーションで使えるネコリグは、おかっぱりからボートアングラーまでに愛用されているリグです。

そんなネコリグ。

当サイトの管理人がいくつか紹介します。

スポンサーリンク

抑えておきたいネコリグ3選

ゲーリーヤマモト カットテール4インチ

昔に比べて購入しやすくなってゲーリーヤマモト。

そのなかでも定番のカットテールはやっぱり釣れる代表格。

ノーシンカー、ジグヘッドワッキーでも釣れるけど、

ネコリグももちろん釣れる。

基本を抑えている、まさしく抑えておきたいワーム。

OSP ドライブクローラー

フォールから着底した後のワームの動きがバイトチャンス。

水中でこちらからバスに気づいてもらえるぐらい強いアクションが強みのドライブクローラー。

ワーム自体の重さもあるので、軽いネイルシンカーでも使えるのがいい。

スワンプクローラー

安い、どこでも売っている、そして、

釣れる!!

根がかり多発するエリア、コバスが大量にバイトしてくる。

そんなところでガンガン使っていくのに向いているワーム。

適度なハリがはってアクション的にも強いので琵琶湖でもがっつり使えるワームです。

まとめ

個人的には一番スワンプクローラーが好き。

安くていっぱい入ってるし、よく釣れる。

ネコリグ以外にもジグヘッドワッキー、ダウンショットでも実績のあるワームなので、釣具屋で見かけたらとりあえず買っておきましょう。

管理人
ネコリグはよく釣れる分ワームが消耗が早いです。それらを考慮してワームを選ぶといいかもしれません。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする