バイブレーションのシミーフォールで攻略する冬のバス釣り

冬になると、アングラーのみなさんがよく使うのが、

バイブレーションとメタルバイブ。

そして、使いかたは、

リフト&フォール。

冬は1日粘って、途中で、

もう帰ろうかな、いやもうちょっと頑張ろう。

そして、頑張って、

ダメだ、もう寒いし帰ろう。

いや、最後までやってやるぜぃ(‘Д’)9

みたいな冬にバスを釣るためのマインドが整っている人が、貴重な冬バスを釣ることができます。

フィールドによりますが、琵琶湖の場合、多くのアングラーはバイブレーション&メタルバイブのリフト&フォールをするかと。

メディアでみんながやっているから。

友達がやっているから。

なんとなくw

いろいろな理由があると思いますが、ボクもなんとなくの気持ちでリフト&フォールで釣りをしています。

なんだろ、楽。。ですよね。

そんな理由で使っているリフト&フォールですが、それでも意識したいのが、

シミーフォール。

スポンサーリンク

フォールで使い分けたいバイブレーション

バイブレーションがフォールするときに意識して使い分けのが、

ストンと落ちるかユラユラ落ちるか。

どちらがいいかは、個人の好みではないかと。

春ならまだしも冬はバイト自体が貴重なので、どちらが釣れるかとかわかんないス。

ただ、シミーフォールするバイブレーションとストンと落ちるバイブレーションを使い分けることで、釣り人として1日やりきることができるかと。

ラトリンバイブかTDバイブ

シミーフォールする代表的なルアーがラトリンバイブとTDバイブレーションです。

どちらも比較的安いし、中古でも出回っているので売っていたらぜひとも購入して自分のタックルボックスに忍ばせておきたいものですね。

では!