バス釣り、冬の琵琶湖でおかっぱりでミノーで釣る方法

ミノーを冬にジャークしてピタッととめて、

ガッガッ!

キタ!!

みたいな感じで釣れる瞬間って、なんか自分に自信がつくものです。

そのためには、1日やりきる精神力と自分を信じる力。

この2つの力があればどんなルアーでも釣れると、僕は思っています。

その2つの力があることを前提に琵琶湖の冬におかっぱりでミノーを釣る方法を解説していきます。

スポンサーリンク

板おもりを買ってサスペンド仕様にする

冬のミノーはサスペンド調整は必須。

ジャークしたあとにピタッと止めるような設定ができるかどうかで、冬のバスを手にできるかが決まります。

琵琶湖に来たら、やっぱりすぐに釣りはしたいもの。

だけど、最初にしっかりと板おもりを使ってミノーをサスペンド調整していきましょう。

とはいっても板おもりをつけるのが面倒なもの

ただでさえ冬は寒くて細かい設定が面倒になるもの。

そんなときは、数種類のサスペンドミノーを用意しておくのが、当サイトの管理人のオススメ。

メーカーによって、サスペンドする水温は異なります。

なので、サスペンド仕様のヴァルナとワンテンでは水温によって、サスペンド感が異なってきます。

まあ、たくさんミノーを持っている人ができる戦略ですね。

まとめ

琵琶湖でミノーで釣るには、とにかく粘る。

それは大前提ですが、最低限のことはやっておく必要があります。

それがサスペンド調整。

それをしっかりと設定して、ひたすらジャークしていきましょう。

管理人
冬こそミノーのサスペンド調整はシビアにやっていきたいところです。