バス釣り、じゃんじゃん使いたいおすすめミノー3選

ミノーって、使い手によって大きく釣果が変わるルアー。

そして、使うミノーによって、左右きれいにジャークするものがあったり、縦横無尽にジャークしたりするミノーがあります。

そのなかで当サイトの管理人が好きなミノーを3つ紹介していきます。

スポンサーリンク

琵琶湖で使いたいミノー3選

OSPアシュラ

ただ巻き、ジャークまで快適に使えるミノー。

ジャークしたときの派手さはないけど、それが釣れる。

ミノーの釣りを覚えるならアシュラでしょ。

95ミリサイズで見た目はコンパクトですが、アルデバランなどの32ミリ径スプールなら、快適に使えるのもいいところ。

OSPヴァルナ

またまたOSPw

ただ巻きを中層で巻き続けるだけで釣れる、昨年から当サイトの管理人が使い始めているミノー。

他のミノーに比べてただ巻きで釣れるのは、気のせいか。

メガバス ワンテン

バス釣りでミノーといわれたらワンテン。

だけど、案外ジャークしたときにきれいにジャークしないから、アシュラとかでミノーを使いこなせてから使いたいルアー。

ハードジャークが基本、ラインも太目でしっかり動くワールド基準のルアー。

値段は高いけど、それだけの価値はあります。

まとめ

琵琶湖でミノーというと130ミリサイズのルドラとかバリソンミノーなどのビックミノーを使うイメージがあります。

もちろん、ビックミノーの威力はすごいけど、やっぱり定番のミノーはストックしておきたいもの。

そのステップアップとしてビックミノーは使えばいいかと。

管理人
2つぐらいミノーを自分なりに使い分けられると楽しくなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする