バス釣り、ミノーの使い方を琵琶湖を舞台に解説。

ミノーってルアー釣りの基本ですよね。

例えば、

ジャークして、こちらから仕掛けてみたり。

バスの活性が高くて、ボイルが発生していたら、

ミノーをガンガン早巻きしてみたり。

そのときの状況を判断して、アングラー次第の技量で大きく釣果が変わるのがミノーです。

そして、バス釣りにおいて、ミノーの使い方を覚えたら、これほど楽しいルアーってないと思います。

年中使うこともできるし、自分が釣ってやったというふうに思えるのもミノーのいいところ。

そんな、バス釣りにおいて核となるミノーの使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

トゥイッチあるいはジャーク

ミノーの醍醐味といったら、やっぱりジャークでしょ!

ジャッ!ジャッ!とアクションさせてバスを誘う。

2回ほどジャークしたら止める。

そして、また2回ほどジャーク。

超基本だけど、意外に1日続けられない。

でも、1回でもこの釣り方で釣れると信じてやりきることができます。

ゴリゴリただ巻き

クランクベイトのようにガンガン巻いていく使い方です。

バスがベイトフィッシュを追っているとき、ボイルが発生しているときには、すかさずミノーを巻いていきましょう。

ただ巻きのミノーで、個人的に実績が高いのはOSPから発売されているヴァルナが最高かと。

当サイトの管理人は、このミノーでただ巻きの威力を知りました。

まとめ

ミノーって、シャッドと同じで最初は釣れるイメージがしないものです。

巻いていても引き抵抗ないし、アクションも控えめだし。

・バス釣り、シャッドの使い方

ですが、使いこなせれば確実に1つの引き出しが増えるので、ぜひ使いこなしてもらえればと。

管理人
ミノーで釣れる楽しさは他のルアーの比ではないですね!