琵琶湖の冬でもヘビキャロで釣るためのポイント、釣り方

琵琶湖の冬のバス釣り。

バイブレーションで1日ガンガン巻いてやりきるか。

超完全防寒対策をして、ヘビキャロをして片手は常にポケットでひたすら待つ。

琵琶湖でのバス釣りは大きく分けてこの2つかと。

ほかにもいろいろと釣り方がありますが、冬はシンプルが一番。

ネオプレーン素材のウェーダーなんか履かないでも釣れる。

そんな冬の琵琶湖のヘビキャロポイント、釣り方を紹介します。

スポンサーリンク

琵琶湖、冬のヘビキャロポイント

冬ってランガンすることも大事。

だけど、粘るのも大事。

そのため、外れのないエリアを2,3ヶ所回るのがいいかと。

そして、冬でヘビキャロで釣りたいポイントはベイトが集まるエリア。

ウィード、ブレイク、ハードボトム。

これらの要素が絡んでいるポイントを探すのが大切になってくるかと。

それらを意識したポイントを選びました。

蓬莱エリア

ハードボトム、ブレイク、ウィード。

すべてがそろっているポイントです。

蓬莱エリア周辺のポイントもいろいろ回ってみるのもいいかと。

冬でもヘビキャロをしている人がいるので、無理して会話とかしなくてもいいので、

自分と同じ気持ちのアングラーがいるんだ。

みたいな気持ちで釣りをすることができるのもいいですね。

・蓬莱エリアのおかっぱりポイント、釣り方

におの浜、浜大津

この2つは琵琶湖の冬の定番エリアです。

ウェーディングしなくてもポイントまで届きますし、釣り人もいっぱいいる。

だから釣り続けることができる。

だからバスが釣れる。

バイブレーションをしている人が大半ですが、ヘビキャロをしている人もいるので、話かける勇気があったら話してみるのもいいかと。

基本的に冬にバス釣りしている人って努力家が多いから話すといろいろ教えてくれてめっちゃいい人が多いです。

自分がわからないことがあったら、どんどん聞いてみましょう。

におの浜のおかっぱりポイント、釣り方

浜大津のおかっぱりポイント、釣り方

まとめ

冬にヘビキャロってしんどいですよね。

僕はガンガン巻いていきたいタイプなので、我慢できないです。

ただ、すごいやる気がないときとか、体がだるいときはじっとしてヘビキャロするのも、バス釣りの経験値をためるのにはいいかと。

結局はコツコツと釣りに行く人がヘビキャロでも釣れるってことですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする