バス釣りで使いたいメタルバイブおすすめ3選!

季節も冬になると、におの浜、浜大津では、おかっぱりアングラーがメタルバイブをめっちゃ遠投しています。

・浜大津のおかっぱりポイント、釣り方

・におの浜のおかっぱりポイント、釣り方

それでひたすら釣れると信じて、精神と肉体の修行をするのがメタルバイブの釣りです。

まあ、仕事の出勤前とか出勤後のメタルバイブの釣りは完全なる癒しですが。

釣りはタイミングとどれくらいの時間を釣りをするかで、癒しになるか修行になるか決まるってことですねw

そんなことはさておき、琵琶湖の冬でメタルバイブをするなら実績のあるルアーを使いたいところ。

ぶっちゃけ、めっちゃ安いメタルバイブでも釣れますw

ただ、信頼と実績のあるルアーを使うことで集中力を保つというのが個人的な狙いです。

スポンサーリンク

琵琶湖で使いたいメタルバイブ3選

チタンバイブ

イマカツから発売されている比較的新しいメタルバイブです。

チタンという素材を使っているからハイピッチというのが売り文句ですが、

まさにその通り!!

メタルバイブといえばリトルマックスでしたが、今は絶対にチタンバイブ!

感覚的になりますが、リトルマックスよりもブルブル感が違います。

これによって釣果が上がるかは疑問ですが、アングラーである僕自身の活性は間違いなく上がるルアーです。

リトルマックス

どのアングラーもメタルバイブといえばリトルマックスを推奨しています。

もちろん、当サイトの管理人もリトルマックスは絶対的定番かと。

巻いても、シャクっても絡みにくいし、一定のレンジも穴位置を調整しながら使えば可能です。

晩秋は巻きに反応がすこぶるいい時期があるので、本格的な真冬に入るまえにメタルバイブの巻きは取り入れていきたいですね。

この2つ以外ありませんでした。

当サイトの管理人は今まで冬でメタルバイブといえばリトルマックス一辺倒でした。

ですが、チタンバイブの発売により気持ち的にローテーションして集中力を保つことができるようになり、あともう一つくらい新しいメタルバイブを開拓したいところですが、現状はこの2つだけがオススメです。