ディープクランクで使いたいベイトリール

秋から春までがっつり使いたいディープクランク。

そのなかで、ディープクランクの使い分けとかエリアの見極めとかいろいろありますが、結構大事なのが、

ベイトリール!

もちろん使うとしたらローギア。

これが絶対的な定番。

そのなかで当サイトの管理人が使いたいベイトリールを紹介していこうかと。

スポンサーリンク

ディープクランクで使いたいベイトリール

カルカッタコンクエスト200

圧倒的な剛性。

それでいて、20ポンド100mを巻けるたっぷり感。

それでいて、引き抵抗の強いディープクランクをがっつり1日巻き続けることができるパワー。

予算のある人はカルコン200で問題ないかと。

ジリオンTW5.5

36ミリスプールにTWSを搭載しているということで、飛距離は約束されているようなもの。

それでいて、16ポンド100mを巻けるということで、ディープクランク専用のベイトリールとしてかなり最適なリールです。

12ポンド~14ポンドをメインに使う人にとっては、カルコン200よりも使いやすいし、購入しやすいリールになっているかと。

まとめ

上記の2つが今のところディープクランクに最適なベイトリールかと。

ほかにもいろいろありますが、絶対に間違いないリールならこの2つ以外ないかと。

ディープクランクを使うなら、デプスのカスカベルとキックバッカ―の2つをまず揃えればいいかと。

・カスカベルとキックバッカ―に関する記事

さらにディープクランクを極めたい人は、いろいろな種類のクランクを揃えるのがいいですね。

・おすすめのディープクランク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする