真冬の琵琶湖で使いたい、キンクー6インチのネコリグ中層

こんにちは、管理人です。

そろそろ季節は11月も終わり、12月に差し掛かるかと。

当サイトでは、冬の琵琶湖は、バイブレーションとスイムジグを使用してバスを釣ることを推奨しています。

・琵琶湖の冬の釣り方

それでも、やっぱり1日釣りをしていると、巻き疲れたり、スイムジグ、バイブレーションを使うのに飽きてしまうのも事実。

そんなときに使いたいときのが、キンクー6インチのネコリグを使った中層攻略です。

スポンサーリンク

キンクー6インチのネコリグ

ネコリグってオールシーズン釣れて、みんなが大好きなリグの一つ。

当サイトの管理人もネコリグは好きです。

マグナムスワンプ、ドライブクローラー、

そして、キンクー。

ネコリグに関しては、この3つを揃えれば無双状態かと。

そのなかでもキンクーはかなり強い部類のネコリグ。

だからこそ、真冬の琵琶湖で、ウィードにひっかけシェイクしてバスを釣りたいもの。

南湖、北湖ともに使える

南湖、北湖ともにキンクー6インチのネコリグはかなり使い勝手がいいです。

シンカーは3g~7g。

南湖だったら3~5g、北湖だったら7gのネイルシンカーを入れれば問題なく、中層シェイクできれいにバスをアピールできるかと。

スイムジグ、バイブレーションでガンガン巻いて、それで腕が疲れたら、抑えでキンクー6インチを使ったネコリグを使うのがいいかと。

まとめ

冬はあまり、あれこれとルアーに手を出さないのも大事なこと。

だからこそ、自分の得意なルアーを早く見つけて1つのルアーを1日やりきりたいもの。

その候補にキンクー6インチがあればと願っています。