バス釣り、おすすめしたい巻物用ベイトリールを琵琶湖アングラー向けにランキング

琵琶湖で釣りをしていると、1日中スピナーベイトの巻物を巻き倒すことはよくあること。

いまはジリオンのXXHギアのように超ハイギアが世に出回っていて、巻物ルアーによって幅広りギア比を使い分けることができます。

しかーし、実際のところ巻物はローギア一つあれば十分かと。

みんなが使っているからハイギア。

リアクションバイトを狙いたいからハイギア。

いろいろな理由でハイギアを使う人はいると思います。

ですが、琵琶湖で巻物をする場合は、

ロングキャスト、そしてひたすらゴリゴリと巻く。

これを何時間もやります。

そうなると、ハイギアではしんどくて集中力ももちません。

なので、当サイトの管理人は絶対にローギアを推奨しています。

ということで、巻物用のベイトリールランキングもローギアがラインナップされているベイトリールだけを紹介しています。

スポンサーリンク

巻物用ベイトリールランキング

ジリオンsvtw5.5

剛性があって、ストレスフリーの最強リール。

それでいて幅広いギア比がラインナップされていて、もちろん巻物用のローギアもあります。

個人的には90ミリハンドルが標準装備されているのが最高。

ospのブリッツ、エバグリのコンバットクランクなどをゴリゴリと1日中巻くには快適に使える巻物用ベイトリールになっています。

1/2オンス以上のリグを中心に扱いたい場合はジリオンtwの方をチョイスするのがオススメ。

ジリオンtw5.5

ディープクランク、メガロドーンなどのヘビースピナーベイト、ビッククランクなどを1日やりきるなら絶対にオススメしたいモデル。

とくにボートでディープクランクを遠投したい人はジリオンtwがいいかと。

カルコン、クラドでもいいけどラインキャパが20ポンド100メートルということでラインを巻きすぎる可能性があります。

その点、ジリオンtwは16ポンド100メートル巻けるのでディープクランクを使うのに最適だしスプール径が36ミリなのでかっ飛び専用のベイトリールになっています。

もちろんtウイングシステムが搭載されているので、もうわかりますよねw

クラド200

僕が紹介している巻物用ベイトリールのなかでは一番安いモデルになっています。

20ポンド100メートル巻けるということで、普段から20ポンドをメインに使っている人は、これがいいかと。

逆に普段から14ポンドとかを中心にしているなら購入せずにジリオンsvtwがオススメになっています。

カルコン200に比べてパーミングもしやすいし、長時間釣りをしていても疲れません。

カルカッタコンクエスト200

みんなが誰もが一度は購入を検討するシマノから発売されているハイエンドモデル。

一度は購入してほしいと個人的には思っていますねw

丸型の巻物用ベイトリールの最高峰。

無駄な説明はせず、本気で巻物を極めたい人におすすめしたいベイトリールになっています。

まとめ

巻物はハイギアでやる人もいるし、ローギアでやる人もいる。

当サイトの管理人は、完全にローギア派です。

田辺さんの影響もありますが、やっぱり長時間巻物をするならローギア。

琵琶湖で大遠投して一定のレンジを安定的に引いてくるならローギア。

ちなみに当サイトでは、琵琶湖で使いたいベイトリールのランキングを紹介しています。

バス釣り、おすすめできるベイトリールランキング10選