バス釣り、ベイトフィネスリールのおすすめランキング3選

琵琶湖でベイトフィネスって必要ですか?

そんな質問をあちこちで聞きます。

正直いって、

アングラー次第です。

ビックベイトなどの重量級のルアーしか使わない人は全く使わないですし、

ドライブクロ―3インチに5gのライトテキサスを使う人は快適に使うにはある程度必要になってきます。

そのため、カスミ水系みたいに近距離でネコリグなどをピッチングして使うためのベイトフィネスリールみたいながちがちのリールは必要ないかと。

そこまでがちがちのベイトフィネスをするならPEシステムを組んだスピニングタックルのほうが琵琶湖の場合、飛距離も出ますし、圧倒的に使いやすいです。

琵琶湖で必要なベイトフィネスは、メタニウムMGLでもちょっと使いずらいリグを使うのが、当サイトでのベイトフィネスの位置づけとしています。

それらを考慮して、3つベイトフィネスリールをランキングしてみました。

スモールプラグ、ライトテキサス、ネコリグ。

これらを快適使えて、ラインキャパもしっかりあるベイトフィネスリールをチョイスしてみました。

スポンサーリンク

ベイトフィネスリールランキング3選

第3位ダイワ タトゥーラSVTW

33ミリのSVスプールでめちゃめちゃ快適にライトテキサスを使うことができます。

それでいて、14ポンド90m巻けるということで、ロングキャストも可能な万能リールです。

管理人的にはこのリールはベイトフィネス的な位置づけです。

バーサタイルに使うこともできるし、フィネスにも使える、持っておいて間違いないリールかと。

普段はガンガンストロングな釣りをしてるけど、たまーにライトリグをベイトで使いたい人には絶対おすすめ。

第2位シマノ 15アルデバラン50

アルデバランシリーズはベイトフィネス専用機も発売されていますが、琵琶湖で使う場合はオリジナルの15アルデバラン50が最適です。

ベイトフィネス専用機になるとどうしても8ポンドで45メートルしか巻けないですが、オリジナルなら14ポンド70mも巻けます。

琵琶湖の場合はフルキャスト必須ですので、絶対にオリジナルをお薦めします。

ブルフラット3インチ、ドライブクロ―2インチのライトヘビダンなどを使うなら超快適に使える専用機です。

第1位ダイワ 15アルファスSV

アルファスSVとアルデバランは使用用途としては、個人的には同じです。

ただ、ブレーキシステムが違うので、好みで選ぶのがいいかと。

ベイトフィネスをする場合は、ストレスフリーが必須なので、個人的にはブレーキ調整が楽なアルファスSVのほうがいいかと。

まとめ

琵琶湖では正直いってベイトフィネスは必要ないと個人的には思っています。

それは、僕のスタイルもそうですけど、基本的に釣れるバスがデカいので、使うラインも太いからです。

それでもベイトフィネスが欲しい人は、スタイルを変えて、ストロングな釣りに移行したほうが絶対に楽しい釣りができるかと。

当サイトでは、琵琶湖で使えるベイトリールのランキングも紹介しています。

・琵琶湖でおすすめできるベイトリールランキング