ベイトリールのブレーキ設定はメカニカルブレーキの調整が一番大事

琵琶湖でおかっぱりをするときに一番意識したくなるのが、

飛距離!

ベイトリールを購入するときにまず気になるのが、

飛距離!!

ロッドを購入するときもまず気になるのが、

飛距離!!!

そうです、琵琶湖アングラーに限らず、バス釣りを愛するバスアングラーはみーんな飛距離をまず意識するものです。

ですが、アンタレスとかジリオンHLCとかのかっ飛びリールを使っているのに、

かっ飛ばない。

そんな悲しい出来事が起こってしまうアングラーがいます。

それで、頑張ってオイルを差してみたり、ロッドをロングロッドにしてみたりして飛距離を頑張って出そうと努力するアングラーがいます。

でも、実際それらはブレーキ設定がうまくいっていないことがほとんどです。

あのミラクルジムこと村田基さんでさえ、釣行中に何度もブレーキ設定をしていますからね。

飛距離が出ないという前に、まずはブレーキ設定の正しいセッティング方法を確認しましょう。

ただし、これは当サイトの管理人のブレーキ設定です。

最終的にはじゃじゃ馬セッティングをマスターしてもらって、野池の対岸に高比重ワームをぶち込めることを目標としてください。

琵琶湖アングラーの人は、とにかく飛ばしてくださいw

スポンサーリンク

一番はメカニカルブレーキの設定

現在発売されているベイトリールはめちゃめちゃ性能がいいです。

SVスプール、DCブレーキ、ZPIなどのカスタムキッドなど、本当にストレスフルなリールを提供してくれています。

それがバスワンのエントリーモデルでも同じです。

シマノ、ダイワ、アブなら、どのベイトリールを買っても正直ブレーキ性能はしっかりしています。

ですが、それはメカニカルブレーキの設定次第です。

いくらSVスプールやDCブレーキを使っていてもメカニカルブレーキの設定をしていなかったら話にならないです。

ちなみにメカニカルブレーキはハンドルの横についているキャップの部分です。

そのキャップを緩めて、スプールがカタカタとなるくらい緩めてください。

これが一番大事なポイントです。

さらっと言ってしまったので、もう一度言うと、

メカニカルキャップを緩めて、スプールがカタカタなるまで緩める。

これでオッケーです。

スプールがカタカタ言ったら、じゃじゃ馬セッティングになっています。

補助で各リールごとのブレーキを使う

最後は補助でリールごとのブレーキを使っていきます。

シマノなら遠心かDCでちょっとずつブレーキを緩めていく。

ダイワならマグネットで徐々にダイヤルの数字を小さくしていく。

アブも同様。

まとめ

ベイトリールはブレーキ設定次第で、本領を発揮できる決まります。

今はyoutubeでいくらでもいろいろな親切な人が解説してくれるので、ひたすら見まくれば絶対に飛距離を出せるセッティングを見つけられます。

大事なのはブレーキ調整のトライ&エラーです。

最初はめんどくさがらずに、ひたすら調整していってください。

メインはメカニカルブレーキ。

補助で遠心とかのブレーキを使う。

そんな感じで思ってもらえればと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする