バス釣り、ビフテキはロックエリアでこそ使おうぜ

ども管理人です。

てか、最近釣具のブンブンに行ってきたんですけど、デビルスイマーめちゃめちゃ揃っててびびった。

そんなことよりも、季節は11月になって東岸ロックエリアに通いこんでいる人も増えてきたんじゃないでしょうか?

当サイトの管理人もちょいちょい東岸に出没しています。

そして、最近多用しているのが、ビフテキです。

11月になるとi字系ルアーがめちゃめちゃ効きますが、スパイス的に打ち物をします。

この季節の打ち物は、よりディープを意識して釣っていきたい。

でも、ラバージグとかテキサスで重めのリグを使うと、正直スタックしてしまう。

そこで、多用するのがビフテキリグです。

スポンサーリンク

ビフテキリグの特徴

ビフテキリグの特徴は、

・垂直にフォールする。

・岩などにスタックしにくい

・リフト&フォールの回数が増える

これらが個人的に感じている特徴です。

垂直にフォールする

使うとすぐにわかりますが、テキサスリグに比べて、はるかに真直ぐフォールしてくれます。

特に11月など寒くなる時期はバスも早い動きに反応しやすくなります。

せっかくフォールスピードの速さでバスを狙っているに、真直ぐフォールしなくて、スピードが遅くなったらもったいないです。

個人的にはこの真直ぐフォールしてくれるのが、使っていて効いているのではないかと。

岩などにスタックしにくい

もともとビーンズシンカーって海のロックフィッシュ用に作られたシンカーです。

だから、当然琵琶湖の東岸ロックエリアでもスタックしにくい。

むしろロックエリアでビフテキを使わない理由がないかと。

リフト&フォールの回数が増える

これは垂直に落ちてくれるビフテキだからこそかと。

テキサスリグだと、どうしてもカーブフォールするために、どんどん前に来てしまいますが、ビフテキの場合は真直ぐにフォールするので、テキサスに比べて、より多くリフト&フォールをしてアピールができます。

それは、つまりよりバスにアピールできるってこと。

それは、つまりより釣れる可能性が増えるってこと。

まあ、使ったことのない人は使ってみたらどうでしょうか?

では。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする