ベイトリールはハイギヤかノーマルギヤ使い分け

こんにちは、管理人です。

あなたはベイトリールを使い分けていますか?

僕は今シーズン巻物も打ち物も全てローギヤでやっていました。

そんな当サイトの管理人が考えるベイトリールのハイギヤとノーマルギヤの使い分けを解説していきます。

スポンサーリンク

結局どっちでもいい

結論からいうと、正直ノーマルギヤでもハイギヤでもどちらでもいいです。

ボートで釣りをするなら当然使い分けるのが前提になってきますが、おかっぱりで釣りをする場合、基本は1本で釣り歩きたいもの。

それにハイギヤは手返しがいいという理由で使うかたがいますが、それはボートでの話。

もちろんおかっぱりでも、手返しは大事ですが、正直おかっぱりの場合、一つのポイントでじっくりと釣るので、そこまで重要ではないかと。

それでも気になる人は

やはり、周りの使っているギヤ比を参考にしたくなるもの。

僕は基本的にジリオンtwのローギヤで打ちものも巻物もすべてカバーしています。

ローギヤで打ちものをしてるんですよ?

それでも特に不満に思ったことはありません。

おかっぱりの場合はある程度足元までリグを操作するので、逆にローギヤのほうがじっくりボトムを釣ることができると考えることもできます。

一番いいのは、ギヤ比7:1ぐらいが使いやすいかと。

巻物も若干引き抵抗を感じますが、慣れれば全然使えますし、抵抗が少ない打ちものも快適に使うことができます。

結局はタックルを使いこめばどんなギヤ比でも使い分けることができるってことですね。

では!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする