バス釣りで冬にスピナーベイトにデカバスがなぜ釣れるのか?

ども、管理人です。

11月に入って、あともう少しすれば季節は冬。

11月でも夕方になるとダウンを着ないと寒くなる季節です。

そして、11月の後半になると、釣り人も少なくなって、気合いの入っているアングラーが残る時期になってきます。

個人的に、冬はスイムジグとバイブレーションの2択ですが、スパイス的にスピナーベイトのスローロールを駆使することがあります。

スポンサーリンク

真冬の琵琶湖でスピナーベイト

おかっぱりで釣りをする場合、バイブレーションとスイムジグを駆使しながら、ウィードを探します。

そして、ウィードの有無を確認したらひたすら、しつこく投げまくります。

これが当サイトの管理人の根性型フィッシングですw

たいてい、それを1日やりとおすとバスからの反応が返ってくるのですが、

異様に冷え込んだときとか、大雨の翌日とか。

そういったバスが口を使いづらくなった状況でスピナーベイトの出番です。

なんというか、表現しづらいんですけど、

スピナーベイトってどんな状況でも食ってくる可能性のルアーだと思ってます。

だから、冬の中でも最悪なシチュエーションになっても釣れるし、その最悪な状況で食ってくるバスはデカいですw

まとめ

冬にスピナーベイトを使用して釣れるバスはデカいと昔から言われていますが、本当にそうだと思います。

個人的には冬にスピナーベイトで1、2本しか釣れませんが、基本的にデカいです。

それは、冬でもやる気のある、動けるコンディションのいいバスが釣れるからではないかと。

それでは、また!