琵琶湖でテールスライダーは断然ヘビキャロ

ども、管理人です。

超いまさらですけど、テールスライダーって知ってます?

某俳優がプロデュースしたワームなんですけど、今や入手困難なルアーですよね。

基本的にデプスのルアーって発売されると、入手困難になりやすい気がするのは、ボクだけですかね。

そんな、エコワーム使用で、トーナメントでも使える、テールスライダーについて解説していきます。

スポンサーリンク

テールスライダーの特徴

デプスから発売されているテールスライダーの特徴は、

・2.2インチと一口サイズ

・フラスカートがついている

・マテリアルがウルトラソフト

ざっとこんな感じです。

琵琶湖も11月になって、ディープを狙ってヘビキャロを使用している人もいるのではないでしょうか?

まあ、僕は年中シャローを釣っていますがw

僕は、秋の琵琶湖のヘビキャロはパインシュリンプを推奨しているのですけど、

その代替えになる気がします。

パインシュリンプとテールスライダーに共通しているのが、フラスカートです。

これが秋の釣りではマストです。

そして、ボディも2.2インチということで、空気抵抗が少ないので、飛距離もでるし、言うことなしという感じです。

まとめ

デプスから発売されているテールスライダー。

秋の琵琶湖でシャローフラットを釣りたいときなどは、ヘビキャロのセッティングでいい思いができる可能性は高いかと個人的には思っています。

まあ、入手できるのはしばらく先な感じなので、検証はまだまだ先ですがねw

それでは。