琵琶湖のヘビキャロにシザーコーム使えるかも

ちす、管理人です。

シザーコームって知ってます??

僕は最近注目するようになってワームです。

まあ、ジャッカルから発売されているワームなんで、あなたは知っていると思います。

正直、僕は発売当初から知ってました。

ただ、キワモノルアーだと思って、全く手を付けていませんでした。

見た目、ネーミング、すべてが怪しいと思って、釣り具屋に行ってみかけても、普通にスルーしているワームです。

ですが、最近シザーコームがザリガニパターンに使えるのではないかと思って使用していますが、イケますね。

はたして、シザーコームがザリガニ似ているかはどうかとして、使っている僕自身が集中して使えているのでいいと思うんですよね。

そんな、シザーコームの特徴を解説していきます。

スポンサーリンク

シザーコームの特徴

ジャッカルから発売されているシザーコームの特徴は以下のようになっています。

細みのシルエット

ボディ全体に細い腕みたいなパーツがついている

見た目のインパクトが新鮮

僕的には、感じかと。

これが、なぜヘビキャロでイケているのか?

解説していきます。

シザーコームがヘビキャロに使える理由

先ほど述べた理由から、ヘビキャロに使えるかと。

理由として、

シルエットが小さいから、空気抵抗が少ない。だから飛ぶ!

これはヘビキャロには必須の条件です。

いろいろな細かいパーツがついている。だからザリガニ!

これは、ザリガニの触覚や足をイミテートしていると考えてもいいかと。

個人的には、この2つの理由があって、現在導入しています。

シザーコーム以外にもザリガニに似たワームがあるので、釣り具屋に行ったら、キワモノ扱いせずに使ってみることがポイントかと。