琵琶湖バス釣り、夏のパターン、釣り方、ポイント

春から移行して、だんだんと日照時間も伸びてきて、1日長い時間釣りをすることができるのが、夏です。

なんか、夏に蝉の鳴き声を聞くと、少年時代に夢中になって野池で釣りしていた時のことを思い出すんですよね。

夏の琵琶湖は、心に何かを訴えてくれるものがあります。

もちろん、あなたにも。

そんな琵琶湖の夏、パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

琵琶湖、夏のパターン

琵琶湖の夏は、6月から8月にかけて、どんどんウィードが濃くなっていきます。

そして、そのウィードの濃さに合わせて、重いリグを使ったりして、しっかりとウィードの中に潜んでいるバスを釣っていく必要が出てきます。

6月の琵琶湖は、比較的釣りやすい時期なので、打ち物~巻物まで自分の好きな釣りを展開しても釣れる時期です。

6月の琵琶湖、パターン、釣り方、ポイントはコチラ

そして、7月になると、水温が上昇してきて、流れがあるエリアとウィードが絡むエリアを探していくのがキーになってくるかと。

7月の琵琶湖、パターン、釣り方、ポイントはコチラ

夏のハイシーズン、8月。

この時期は、釣り人もバスも暑いです。

自分が考えられる涼しい場所を探して、ドンドンランガンしていくことが、釣果につながります。

8月の琵琶湖、パターン、釣り方、ポイントはコチラ

そして、9月。

9月は一般的には秋なのかな。

僕はまだまだ琵琶湖の水中は夏だと感じています。

9月の後半になると、少しずつですが、バスも涼しい場所を求めるというより、ベイトフィッシュを中心に行動していきます。

9月の琵琶湖、パターン、釣り方、ポイントはコチラ

夏の琵琶湖、釣り方

6月は巻物を日中にガンガン巻いても普通に釣れます。

ただ、7月~8月は、テキサスリグ、ラバージグなどの打ちものがメインになってきます。

それは、ウィードのシェードで体を休めているバスの目の前にルアーを届けたいからです。

なので、なるべくスルスルとウィードの中に入ってくれる、高比重ストレートワームのライトテキサスなんかは使いやすいかと。

メガバスから発売されているドットクローラーなんかは結構使いやすいです。

夏の琵琶湖、ポイント

夏の琵琶湖のポイントはやっぱり、涼しいところを探すところです。

これは、超基本なことです。

ですが、結局これを求めてポイントを選んでいれば釣果は確実についてくるかと。

岬周りだったりとか、流入河川の河口部、背の高いウィードが形成しているシェードなど。

これらが複合しているところを見つければ見つけるほど、釣れるポイントは増えてきます。

あとは、そのポイントを淡々と移動していけば、釣果はついてくるはずです。

暑い季節ですけど、体を第一に無理をしすぎずに釣りをしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする