北湖バス釣り、9月のパターン、釣り方、ポイント

9月の北湖で1番のイベントは、

落ちアユパターンです。

9月は毎年このアユパターンがハマります。

このパターン、絡めてぜひとも北湖のぽてぽてのバスを掴んでおきたいところ。

そんな、北湖の9月。

パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

北湖、9月のパターン

9月の北湖は、落ちアユパターンを軸にポイントを回っていけばいいかと。

ちなみに落ちアユパターンは9月にずっと通じるパターンではなく、一定期間しか効かないパターンです。

なので、釣りをしていて、地元アングラーがいたらぜひとも話を聞くことをお薦めします。

落ちアユは回ってきてるのか?

これを聞くだけでも釣果は全然違ってきます。

北湖、9月釣り方

落ちアユパターンに聞くのは、巻物です。

ビックベイトでもいいんですけど、バイブレーションとかスピナーベイトでも全然釣れます。

大事なのは、落ちアユが回っているエリアで釣りをすることです。

そして、バスにスイッチを入れる要素のあるルアーをチョイスする。

例えばバイブレーションの早巻きとか。

アユが回っているエリアをまずは見つける。

そして、リアクション要素の強いルアーを導入する。

これが堅実な釣り方かと。

北湖、9月のポイント

9月の北湖は、ベイトフィッシュを追いかけるのがポイントかと。

つまり落ちアユですね。

これを軸エリアを絞り込んでいく。

そして、落ちアユが回っていない場合は夏の釣りをすることで、1日を通じてバスをキャッチすることができるかと。

コツコツと通いこんで、北湖の特徴を理解していきましょう。