南湖バス釣り、9月のパターン、釣り方、ポイント

9月にもなると、季節は夏から秋に移行していく。

と人間は思いますが、9月前半だと水中は意外に夏だったりします。

それが、9月後半になってくるにつれてベイトフィッシュがキーになってきます。

そんな、南湖の9月、パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

南湖、9月のパターン

8月までは、日中の時間帯にウィードについているバスを狙うのがセオリーでした。

・南湖バス釣り、8月のパターン、釣り方、ポイント

ですが、9月の後半になるにつれて、バスはベイトフィッシュをメインにポイントをガンガン移動していきます。

それを頭にいれて釣りを展開していけばいいかと。

たとえば、朝夕マズメのフィーディングの時間帯に岬周りで釣りをするとか。

→岬周りは流れがあるので、ベイトフィッシュがたまりやすいため。

南湖、9月の釣り方

8月はライトテキサスなどの打ちものがメインでしたが、9月は巻物に徐々にシフトしていくことが大切になってくるかと。

バスはシェードに居ついているのか?

それともベイトフィッシュを追っているのか?

それらを考えながら釣りをして、楽しんで釣りをしてもらえればと思います。

南湖、9月のポイント

ポイントは、巻物を導入していって、模索することです。

正直9月は、まだウィードにライトテキサスを絡めて釣りをしてれば十分釣れます。

ですが、季節が進行するにつれて、そのパターンが効きづらくなってきます。

今、バスはどういう状態なのかを巻物を投げてみて、反応を見ながら釣りをすることによって、9月もいい釣りができるかと。