琵琶湖バス釣り、8月のパターン、釣り方、ポイント

琵琶湖の8月は熱中症など体力的にバテる時期。

なので、無理は禁物です。

始めにコレを伝えたかった。

朝から早起きして釣りをしなくても、十分釣れますから、ゆったりと準備して釣りをしたいのが8月の琵琶湖です。

そんな、8月の琵琶湖のパターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

琵琶湖、8月のパターン

8月は、炎天下の中で釣りをしていて、マジで暑いです。

それはバスも同じこと。

そう思って釣りをしていれば、自然と涼しいエリアを狙っているはずです。

ベイトフィッシュがいるエリアも大事ですが、それよりも水の流れがあるところと、ウィードがあってシェードが形成されている超居心地のいい空間を探すのが一番大切です。

そして、ウィードのシェードが形成される時間は日中。

だから、朝は早起きしなくて大丈夫です。

朝からガツガツ釣りをしていて、体力を消耗して、おいしい日中の時間帯で釣りができなかったらもったいないです。

なので、準備はゆっくりをしていきましょう。

琵琶湖、8月の釣り方

8月は水の流れとウィードが形成されていて、シェードが形成されているポイントを探す。

水の流れだけだったら、リグはなんでもいいですが、ウィードが形成されているシェードの中にリグを届けたいもんです。

そういったことを考慮すると、個人的には定番ですが、テキサスリグが最強かと。

これは、南湖でも北湖でも同じです。

→南湖バス釣り、8月のパターン、釣り方、ポイント

→北湖バス釣り、8月のパターン、釣り方、ポイント

琵琶湖、8月のポイント

ポイントは、南湖と北湖で同じですが、朝はしっかり寝ましょうw

本当に大事ですから。

日中が一番おいしい時間帯でデカバスが釣れるということを忘れずに。

そして、ご自身で真夏にデカバスを釣った時間帯はいつか思い出してみてください。

それが、朝マズメだったら僕とは意見が合わない可能性が高いですw

しかし、思い返してみて、日中にデカバスを釣っていたなら、

朝はしっかり寝ようぜ!!!