北湖バス釣り、8月のパターン、釣り方、ポイント

8月の北湖は結構体力的にも、精神的にも辛い時期かと。

まあ、僕は好きですけど。

8月にもなると、気温は上がっていて、おかっぱりアングラーもバスも涼しい場所を求めます。

北湖の場合は、ディープが涼しいところかと。

これを狙うのがセオリーですが、おかっぱりアングラーは太陽をモロに浴びながら釣りをするので、しんどい人はあまり無理をしないでください。

そんな、8月の北湖。

パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

8月、北湖のパターン

8月の北湖はバスがディープに落ちていきます。

ですが、これをオカッパリで狙うのは難しい。

なので、なるべく遠投して、ウィードのシェードに居ついているバスを釣っていくのが1つのパターンになってくるかと。

この時、意識して欲しいのが、遠浅なエリアを狙うのではなく、シャローからディープのブレイクが近いエリアを探して回ることです。

当サイトでは、北湖の全エリアを解説しているので、お気に入り登録して、参考書見たく何度も読んでいるうちにエリアの特徴は勝手に覚えていきます。よろしく!

南湖、8月の釣り方

釣り方は、スピーディーに探れて、ウィードに絡めることができて、遠投ができるリグ。

となると、ある程度リグは限られてきます。

それが、ヘビキャロでもいいですし、高比重ワームのライトテキサスでもいいです。

僕は、デスアダースティックのライトテキサスを遠投します。

キャスト→ウィードがなかったら回収。

キャスト→ウィードがあったら、そのまま探る。

こんな感じで釣っていって1日やりきれば何かと反応は返ってくるはずです。

南湖、8月のポイント

ポイントはバテる前に休むことですw

本当に釣りに真剣に打ち込んでいる人ほど、落ち込みやすく、くじけやすいのが8月です。

真夏って日照時間が長いから1日12時間以上できちゃいます。

だから、釣りと真剣にやっている人ほど、夜明けから夕まずめまでやろうとします。

それは、1人のアングラーとして尊敬できることですが、疲れすぎて心が折れるのも事実。

ポイントを移動するごとに、少し休憩を挟んでいくことが、1日楽しく釣りできるポイントかと。

真夏は釣りできる時間が長いです。

焦らず、ポイントごとに疲れを感じたら休みましょう。

では!