南湖バス釣り、8月のパターン、釣り方、ポイント

8月は真夏といわれている季節。

7月の南湖の釣り方でも解説しましたが、8月はより水の流れとウィードの中を釣っていくのがキーになってきます。

→南湖バス釣り、7月のパターン、釣り方、ポイント

また、ウィードもモリモリと育っているので、オカッパリの場合釣りが難しいエリアが増えてきます。

個人的には東岸あたりがウィード爆発しているかと。

そんな、8月の南湖。

パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

南湖、8月のパターン

8月の特徴は、

暑い、そして、

暑い!!

とにかく暑いです。

これはバスも同じこと。

だったら、バスはどこに着くか?

人間と同じで、涼しいところにバスはつきます。

南湖で涼しい場所はどこか?

それは、水が流れるところと、ウィードが形成されているところです。

人間で例えると、木陰でクーラーにあたっているような感じでしょうか??

だから、そのようなエリアを釣っていけばバスは確実に釣れるのが8月の南湖の特徴です。

人間と同じでバスも涼しい場所から離れたくないですからね。

だから、朝夕マズメよりも日中に釣りした方が実は絞りやすかったりします。

南湖、8月の釣り方

釣り方は、バスが居ついている場所に直撃できるリグがいいです。

それが、テキサスリグなのか直リグなのか。

あなたが使いやすいリグを使えばいいかと。

一番大切なのは、水通りがいいところとウィードが絡むポイントで釣りをすることです。

ルアーは二の次です。

南湖、8月のポイント

ポイントは、ゆっくり行こうぜ!!

ってことです。

とにかく夏はバスを絞りやすい時期です。

日中に行って水通しのいいエリアで釣りをするのが最も効率のいい釣りです。

なので、朝はゆったりと準備して、鼻息を荒くして釣りをしなくても大丈夫だよってことが伝わればいいかと。