琵琶湖バス釣り、7月のパターン、釣り方、ポイント

7月の琵琶湖。

6月が終わると、偏光レンズが欲しくなる時期になってくるかと。

日差しも強くなって、カラっとしている日が多い7月。

南湖は6月に比べて、7月はある程度、ポイントを選んで釣りをしていくことが必要になってきます。

北湖も同様です。

そんな7月の琵琶湖の、パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

琵琶湖バス釣り、7月のパターン

南湖の場合は、流れがあるところと、ウィードが形成されている複合エリアを狙うのが手っ取り早いかと。

→南湖バス釣り、7月のパターン、釣り方、ポイント

北湖の場合は、まだシャローでウロウロしているバスがいるので、それを効率良く探っていくのが1つのパターンかと

→北湖バス釣り、7月のパターン、釣り方、ポイント

琵琶湖バス釣り、7月の釣り方

南湖の場合は、打ち物系をバンバン投げて、バンバン回収していくのがいいかと。

ネチネチと釣っていくのではなく、スピーディーに釣っていくのが結果的にいい釣果を出してくれます。

僕はデスアダースティックのライトテキサスを超多用します。

これ以外いらないって感じですwまじで。

北湖は、シャローにバスが居残っているので、それを仕留める感じで釣るといいかと。

ただ、ウィードが育っているので、ビックベイトなどの針むき出し系は厳しくなってきます。

スイムジグなどのすり抜けのいいルアーをチョイスしていくのがいいかと。

琵琶湖バス釣り、7月のポイント

7月のポイントは、南湖なら打ち物を中心にウィードを効率良く釣っていく。

北湖ならウィードの抜けがいいスイムジグを使って効率良く釣っていく。

どちらのエリアもスピーディーに釣っていくのがポイントになっていくかと。

使うリグによっては、1日釣りした時に、回れるエリアに違いが出るので、効率良く釣れるリグをチョイスするのは大事な考えかと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする