北湖バス釣り、7月のパターン、釣り方、ポイント

7月の北湖は、釣りをしていて暑く感じるかもしれません。

ですが、バスは比較的快適に過ごしているはずです。

バスにとっては最適な環境は北湖にあります。

アングラーの気持ちとは裏腹にバスは快適なバスにいるはずです。

それがディープなのか、シャローなのか釣ってみないとわかりません。

6月の北湖もそうですけど、自分がどのバスを狙うかによって、釣りの展開は早くなってきます。

・北湖バス釣り、6月のパターン、釣り方、ポイント

自分の釣りに責任をもって釣りをする。

どの時期でもそうですけど、それが北湖のバス釣りかと。

そんな、北湖の7月、パターン、釣り方、ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

北湖、7月のパターン

7月の後半になるに釣れて、バスはディープに落ちていきます。

ただ、まだまだシャローにバスはいます。

個人的には、おかっぱりで釣りをするときはシャローで釣りをしたほうが比較的釣りやすいと感じています。

なので、まだシャローにバスがウロウロしている時期にシャロー釣っていくのがいいかと。

北湖、7月の釣り方

6月はゆったりとした横の動きで釣りをお薦めしていますが、7月もそれが有効です。

ただ、ウィードが形成されていたりして、意外に釣りがしにくかったりします。

なので、スイムジグなどのウィードの抜けがいいリグをチョイスして、ガンガン巻いていくのが効率よく釣れるかと。

てか、スイムジグが一番釣りやすいですねw

ウィードが少ないと感じたら、違うリグをローテーションさせるのもいいかと。

北湖、7月のポイント

ポイントは、バスは快適な場所にいるぜ!!

ってことを頭にいれておくことです。

バスは自分が過ごしやすい場所にいます。

なので、どの地形でどういったウィードについているかなど、考えながら釣りを展開していくのがおもしろいかと。

では!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする