南湖バス釣り、7月のパターン、釣り方、ポイント

7月になってくると、服装も半そで短パンでガンガン日焼けをしているアングラーも増えてくる季節かなと。

当サイトの管理人も、この時期から半そで短パンスタイルで釣りをしています。

そして、ウェーダーも履かずに半ズボンにクロックスで釣りをするスタイルに移行していく時期です。

そんな7月は、水温も上昇してきて、バスがある程度流れのあるエリアを好む傾向が強くなってきます。

西岸で釣りをしているなら岬周り、東岸なら流入河川の河口部とか。

あくまで一例ですが、流れを探していくのがキーかと。

そんな南湖の7月、パターン、ポイント、釣り方を解説していきます。

スポンサーリンク

南湖、7月のパターン

7月は流れがあるエリア、そしてウィードを絡めるのが一番確実なパターンかと。

ウィードもできればカナダモみたいなバスが付きやすいウィードがいいです。

岬周りで流れのあるエリアでウィードを探してみるとか、

流入河川の河口部でウィードを絡めて釣るとか、

いろいろあります。

7月は基本的にテキサスリグなどでウィードに絡めて釣るのが釣果に近づいていくかと。

南湖、7月の釣り方

釣り方は、ウィードに絡める釣りならなんでもいいかと。

スピニングタックルで釣りをするのが好きなら、ネコリグ、ライトキャロを使ってウィードに絡めても釣れますし。←この釣りはめちゃめちゃ当たりが多いw

ベイトタックルなら、軽めのライトテキサスでスピーディーにサーチしていくのが有効かと。

あまり難しく考えずに、

ウィードを探して、ウィードがあったら、そこで釣る!!

そんな感じでシンプルに釣りをしていけばいいかと。

南湖、7月のポイント

7月は水温の上昇で日中は巻物の反応が悪くなったりします。

ただ、琵琶湖なので、巻物を日中にやりきっても全然釣れますけど。しかもデカいのが反応する。

とにかく釣りたい人は、ウィードを探してください。

そして、ウィードがどんな種類があるのか、調べて勉強してみてください。

このウィードってなんだろって思ったら、近くの釣り人に聞いてみるとか、スマホで調べてみるとかしてみる。

そうやって、琵琶湖の知識をためていくことによって、バス釣りに対して深くのめりこんでいくことができるかと。